FC2ブログ

リハビリ山行 御前山 2013/02/24

 2013-02-26
筆:藤井
CL:藤井 装備:藤永 医療:太田口

山行目的
大変だ村松の意識がはっきりしない、起こしに行こう。


さて今回の山行は、そもそも、3月中旬に行われる里ワンというイベントのために企画したものである。
俺ら一年組は九州横断を企画しており、こんな訛りきっただるだるの体ではいけないだろうということでリハビリのつもりで山に行くことにした。

これは建前である。

ほんとは、上記山行目的を達成するためである。というのも、村松は
~中略~
さて、こんな村松を見て、来るべき里ワンに不安を抱かない人はいるだろうか、(いやいない)。ちょっと鞭をいれてこよう、というわけで山行を組んだのである。自分で自分をほめてあげたい。

ここまででどれほどの人が真実を見抜けただろうか。
結果からいえば、奴は来なかった。体調不良(だるい)だそうだ。
なんも言えねえ(泣)


2/24
武蔵五日市駅着7:00→宮ヶ谷戸着8:40頃...御前山山頂11:50...境橋14:00頃

いいバスが見つからず、駅に着いてから40分間バスを待って、それに乗って行く、予定だった。太田口が電車に乗れていれば。山に行くときは部室発かステ寝しかないのか。東工大に現地集合は無理なのか。どうして東女のように現地集合が機能しないのか。
おっといけない。とにかく8:10かそこらで太田口と合流し、タクシーで宮ヶ谷戸に向かう。

「御前山登山口まで6キロ」とかいうおかしな看板があったが、まあここが登山口だろう。坂道を上る。あれ、きつい。こんなにも訛っていたのか、と思いながら、上る。もともと体力がなかったのでは、というツッコミは受け付けない。
しばらく行くと、平坦な道がでてくる。ありがたい。そういえば天気がすごくいい。なんだか気持ちがいい。
P1020833_convert_20130226102248.jpg
小屋を見つけた。なんだろうと近づいてみると「SAWANOBORI JPN」という表札が。なんだこれーと言いながら、先へ進む。行き止まりになってしまった。どこかで道を間違えたのだろうか、と引き返すと、「SAWANOBORI JPN」の手前に道らしきものが、結果その道が正規ルートであった。トップにあるまじき失態。小屋に気を取られた。不安に思ってしまう道だが、少し行ったところで、看板のお墨付きがもらえる。
気を取り直して進む。この辺は、坂がなくて、山登りって楽しいものなのかも、と思えるところである。
P1020838_convert_20130226102440.jpg
突然、目の前に keep out 立ち入り禁止 の黄色いテープが見える。びっくりしたが、何の問題もなかった。わきのほうに道がつながっていたのである。
おんなじような道が続き、記憶がない。ところどころ休憩を取る。ひたすら快適だった。
P1020846_convert_20130226102929.jpg
山頂に近づくにつれて、次第に雪が多くなってきた。軽アイゼンをつけるほどでもないだろう、と避難小屋の分岐まではそのままいくが、そろそろつけるか、となる。実は軽アイゼンとは何かいまいちよくわかっていなかった私は、12本爪のガチアイゼンを持ってきたのでした。藤永太田口にバカにされる。しかし安定感抜群。
頂上にたどり着く。天気がいい。そんなに寒くない。
P1020851_convert_20130226103107.jpg
藤永が体を鍛えた後は顎を鍛えるんだ!!といわんばかりに固いチョコバーを食っている横で、チロルチョコを食べる。
写真を撮り、下山を始める。
流石は十二本爪。ふつうの夏山より快適な下山を演出してくれる。足場が雪でならされているからね。
ガションガションと下っていく。後ろからひょこひょことついてくる。なんという優越感。
下りはノンストップで下りていく。
最後のあたりは雪がないと見せかけて、実はある。みたいなフェイントを食らった。アイゼンめんどくせえ。藤永の軽アイゼンがしょっちゅうとれる。
なんだかんだ言っているうちに、林道に着いた。バス停まで歩き、遅めの昼飯を食べ、電車に乗り、太田口は寝て、俺らは(一言でまとめるなら)理想気体の話をした。

こうして初のリーダー山行は終わった。
時は流れ、季節は移ろい、村松は起きないのである。里ワンが不安だ

注)本文中に愚痴っぽい箇所がいくつかあるが、気にしてはいけない。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://tsubakura2999.blog65.fc2.com/tb.php/59-0f64c5f9

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫