FC2ブログ

薪集めワン 2012/11/17-18

 2012-11-25
筆:八木(B1)
CL・装備:八木(B1) SL:越野(B1) 医療:藤井(B1) 人夫:村松(B1)

あの忘年ワンが終わって以来、「あそこで歩いた道をドライブしたいなぁ」という願望があった。そういえば先輩が「例年は薪ストーブ用の薪が小屋の下にいっぱい貯めてあるんだけどね」と話していたなぁ、そうだ薪集めに行こう、ついでに山登れたらいいよね。ということで早速山行計画書を立てて実行に移すことにした。当日の天気予報は雨。いくらかの不安をよそに5時半に起床、合流場所の立川駅に車を走らせた。

集合時間ほぼピッタリに到着してドヤ顔でいると、村松から「今起きました」のメールが。おまけにここまで2時間弱かかるらしい。もはや笑うしかないので、とりあえず越野を乗せぶらぶらと放浪。途中の駅で降りるように指示しコンビニを渡り歩きながら2時間遅れで合流。天気が悪くなるのに本当に勘弁してほしい。

気を取り直して目的の国道411号線に入る。青梅を過ぎたあたりから明らかに信号が減ってきて、快適なドライブに。時期的に紅葉は(勝手に)期待していなかったのだが、奥多摩湖のあたりはまさかの見ごろで、見える山すべてが色とりどりに輝いていた。

しかし、歩いた当時は気づかなかったのだが、昼間に走ってみると山梨に入った後の勾配がきつい。登山といっても差し支えない気がする。しかも見通しが悪い道が多いので、夜中歩いていた我々は車から見るとさぞ恐ろしかっただろう。深夜に怪しく光っていたきのこ屋を通過、あっけなく1時間10分でゴール地点、柳沢峠についてしまった。感慨深いのか感慨がないのかわからない。

あれだけ遠く感じた東工大小屋も行ってみればそこまで距離があるわけではなかった。すでに雨が降り始めていたものの薪集めを開始、適度な枯れ木を拾っては小屋に投げこむ。そのうち本格的に雨が強くなってきたので2人には適当に切り上げさせ、同日川苔山に登っていた藤井を迎えに行った。下界は意外にも小雨だったが、峠への帰りにどしゃ降りになって危うく小屋までの道を見失うところだった。その後夜遅くまでたらふく鍋を食べて1日目は終了。テントも好きだが、やはり小屋が過ごしよい。

翌朝5時ごろガタガタうるさいので目を覚ますと、「ネズミだ」との声。どうも低い位置で寝ていた村松の目の前に現れたらしい。ビニール袋に引っかかったらしくうるさかったが、面倒なのでそのまま寝てしまった。

改めて起きて朝食、小屋を清掃していると村松が「調子悪い」とのこと。車に置くわけにもいかないのでしゃあないなと山行中止を決定。昨日不十分だった薪集めを続行。小屋の位置確認のために少し付近をうろついていると空は真っ青、見渡す限りの快晴であった。あまりにももったいない天気なので藤井とともに鈴庫山に登りに(高度的には下りだが)行った。

80mほど下にあるので基本的に下り。悠々と歩く。ただ最後は急登で息が上がった。小屋から20分で到着。西の方面を見渡すと、そこには俗すぎてつまらないほど立派な富士山と、白く雪をかぶった南アルプスまではっきりと見えて素晴らしい光景だった。やはり今年は完晴れの日に当たることが多くて恵まれていたと思う。


>鈴庫山山頂

>くっきり見える南アルプス 下の山々のフォルムも良い

>これでもか、ってくらいの富士山

戻ってきたのちお昼を食べてから小屋に別れを告げ、淡々と立川まで走らせて解散。総走行距離300km。いい運転の練習になった。来年度は車でしか入れない山に積極的に行きたい。

・総評
それなりに薪も集まったし、景色もよかったので結果的に良い週末だった。もっとも遅刻した村松君には反省してもらわないといけないが。脈々と使われてきた山小屋、ほかの皆もぜひ大切に、積極的に活用していきましょう。



>こうしてみると少なく見えるが、結構集まった
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://tsubakura2999.blog65.fc2.com/tb.php/52-0c903a99

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫