FC2ブログ

沢登り体験其の2 モミソ沢 2012/07/01

 2012-07-16
筆:吉田(B2)
CL:吉田(B2) SL・医療:黒澤(B2) 装備:八木(B1)
【大岡山(05:10)→渋沢駅北口→大倉(07:20)…モミソ沢出合(09:00)…大滝(11:30)…大倉尾根,堀山付近(13:00)…大倉(14:00)】

一年生沢登り体験其の二です。今回は同時に2パーティ。もう一方は、源次郎沢に青木先輩と行きました。
前回は散々な目にあったというか、遭わせたというかだったんで、今回は前回の反省を生かし、「安心安全」に行こうと心に決めた。

前日はいつも通り部室に泊まり、電車に揺らり揺られて、渋沢駅へ。
渋沢駅からはバスに乗り大倉へ。
そこからさらに、林道を延々歩くこと90分入渓点に到着。道中何度免許がほしいと思ったことか。

入口の岩壁ではクライミングの練習をしている一団がいた。この岩壁、大学にほしい。
予定では暫しクライミングする予定だったが昼から雨が降るとの予報のためクライミングは断念しさっさと沢の準備。

えっそこ入るの?という視線を浴びながらモミソ沢突入。
両岸が岩壁で切り立っておりとても狭い。暗い。

P1070528-.jpg
あまりの狭さにザックが挟まった。

八木は手足が長いのでするすると登る。ずるい。

30分ほど行くと水量が激減。チロチロと流れる程度に。これ沢登というよか岩登り。
水を、水をください。

P1070535-.jpg

2人が先を歩いていて水が枯れたと言うので水を汲もうとするが水がほとんど流れておらず四苦八苦しながらポリタンクに半分くらい汲んだところで、黒澤が少し先に進んだらまだ水があったと宣う。
俺の努力が…。

核心部
P1070540-.jpg
パーティが登り+懸垂下降を行っている。雨も降ってきたので巻くことに。
資料によると『簡単に』巻けるとのこと。登ってみると岩が崩れやすい/岩の上に土=滑りやすい/最後は木の根をつかんで登るというなかなかの難易度。
P1070543-.jpg
これが、『簡単』か…。

その後、しばらく先に進もうとしたが、倒木で埋まっていたのですぐに詰めに入る。
急坂のためさっさと山靴に履き替え私が先頭に立ちがしがしと進む。
この辺で雨が降り始める。雨が降る前に沢から上がれてよかった。
急坂が終わるとすぐに登山道に合流。
登山道歩いている人から、「この人たちなんで道の無いところから歩いて来てんの」みたいな目で見られる。
視線が痛い。沢登りで詰めたさきに人がいたのは初めてだったので、ちょっと傷ついた。
傷つかない強靭な心がほしい。

後は大倉尾根をたったか下る。
今回は詰も下山ルートも間違えなかった。無事成功。ちょっと予定より時間がかかってしまったけれども。
モミソ沢は水が少ないの一言。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://tsubakura2999.blog65.fc2.com/tb.php/42-6b5cfd6c

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫