FC2ブログ

5/12 丹沢歩荷

 2019-12-05
メンバー:鈴木、土井、狭間、吉田(B1)、山口(B2)、石川、島村(B3)、塚田、平田(B4)、梅田(M1)
筆:鈴木

 ワンゲル恒例の丹沢歩荷。1年25kg、2,3年30kg以上の水を背負って塔ノ岳に登り頂上で水を捨ててくる。今年は11日の夜、秦野ビジターセンターで寝る。ヒルが出なくて良かった。

 翌12日は天気も良く絶好の歩荷日和。2週間前の新歓山行では雪降ってたのにこんな日に限って晴れているのかと恨めしく思う。それぞれ水を汲んで出発。石川さんのポリタンクから早速水が漏れ始める。荷物が25kgを超えると肩に食い込み(個人差あり)苦痛快感を伴う(諸説あり)。とはいえ歩き始めはみんな元気。

歩荷2019-1

 歩き始めて間もなく最初の小屋である見晴茶屋に到着。小屋のおじさんと雑談しながら外で小休止。ここで土井が恒例のうんこタイム。彼は長時間トイレに籠ることで休憩時間を延長させている。足がつるのを防止するためには水分とミネラルが必要だと言われてたので塩分チャージを食べ、水をがぶ飲みする。水を飲めば荷物減るやんと思いつき頑張っていっぱい飲む。

歩荷2019-2

 見晴茶屋を出てしばらく歩いているとOBの先輩方が後ろから追いついてきて激励の言葉を頂く。大所帯でワイワイ登っていくがスローペースなので老若男女に追い越される。知らないおばさんに”ありがとうね”と言われた。違うんです。私たちは小屋に物資を運んでいるのではなく頼まれてもないのに勝手に大量の水を下から運んでいるドMの集団なんです。とは言わなかった。そんなこんなで次の駒止茶屋に到着。土井が階段でコケて膝をしたたか打った。どんまい。

 次の堀山の家、その次の花立山荘へ行く道はだんだんに斜度がきつくなってくるのでみんな息が上がり始める。初めは大所帯だったが先発隊と後発隊に二分されてそれぞれのペースで花立山荘を目指す。立花山荘では全員グロッキーかと思いきや約1名元気な奴がいる...。OBの先輩方がかき氷食べてた。羨ましい。

IMG_7356.jpg

 立花山荘からラスト1本1。引き続き隊を二分して頂上を目指す。少し進むと1年最強の狭間が本領を発揮する。”俺先行っていいですか?”と言い残すと彼はすいすいと前に進んで見えないところまで行ってしまった。思えば彼は休憩中もカメラにピースするほどの余裕を見せていた。誰も彼には敵わない。

 頂上でしばし休憩の後小屋に水を捨てに行く。全部で150L近くの水は小屋のタンクをいっぱいにし、タンクに入らない分はやかんに入れた。

DSC_0171.jpg

 忌々しい大量の水を捨ててすっかり軽くなったザックを背負って塔ノ岳を後にした。適宜休憩を入れつつ無事に下山。今回の歩荷トレーニングでは心身ともに鍛えられ、夏合宿に向けて成長できただろう。しかし、忘れてはいけない。我々が1往復する間に本業の歩荷のおじさんが2往復していたことを。夏合宿に向けてはより一層強くならねばならないと感じた。

IMG_7365.jpg




スポンサーサイト



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://tsubakura2999.blog65.fc2.com/tb.php/298-90e83ebd

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫