FC2ブログ

トレ山@八ヶ岳

 2018-07-31
期間:2018年6月9日~6月10日(1泊2日)
行程:
1日目(6/9)
【八ヶ岳山荘5:30→美濃戸山荘6:40→行者小屋9:00→赤岳11:10→横岳13:30→硫黄岳14:40→夏沢峠15:20→オーレン小屋15:40】

2日目(6/10)
【起床3:00→出発5:30→桜平6:30】

メンバー:
CL装備:上野(B3) SL記録:平田(B3) 食当:發知(B3)、奥沢(B1) 気象:島村(B2) 医療:山口(B1)

筆:平田
◆0日目
茅野駅へは電車を使った。金曜の下り電車は人が多くて嫌だ。茅野駅前の広場で寝袋を広げた。銀マットを1枚忘れたことに気づいた。このパーティは忘れ物が多い。

◆1日目
茅野駅から登山口の八ヶ岳山荘へはタクシーに乗った。雨で洗われた山麓の田畑が朝日に照らされていた。気持ちのいい朝だった。私はポリタンを2本忘れた。このパーティは忘れ物が多いのだ。
八ヶ岳山荘に着くと、メンバーからペットボトルを集めた。これをもって水の入れ物とした。

だいたい1時間ごとに休憩をとった。樹林帯の中は木漏れ日が美しかった。行者小屋へ着いたのは9時ちょうど。よく晴れていて暑かっった。
行者小屋から赤岳へ続く尾根は文三郎道がはしる。山頂付近がイワイワしている。1年生にとっては良いトレーニングになった。奥沢が楽しそうだった。山口からは表情が消えていた。時間はコースタイム2時間と同じだった。

この時期にしか咲かないヒヨコみたいな花があるらしい。カメラを構える人が多かった。行動食の天かすを食っていると、道ゆく人から「揚げ玉くん」と呼ばれた。硫黄岳~夏沢峠の途中では迂回路を歩かされた。2015年の時点で迂回路がついていたようだ。
幕営地オーレン小屋に着いたのは午後3時40分頃で、島村にはさっさと気象通報を書かせた。途中寝てしまったとか言っていた。小屋の便所が綺麗だった。
夕食はカレーだった。生きる上で、おおらかさは非常に大切である。何事につけてもおおらかな気持ちで取り組むべし。食事を用意した者たちがおおらかな人間だったので鍋から溢れるくらいの量があった。野菜不足も見越してか、説明書きの1.5倍くらいの野菜が用意されていた。20分でできたカレーはシャバシャバで野菜は生煮えだった。米もまずかった。
發知が体調不良を訴えていた。硫黄岳~夏沢峠の下りあたりから気分が悪くなったらしい。というかカレーがまずすぎてみんな体調不良である。翌朝も同様に訴えたので予定を切り上げ下山することとなった。テント場の真ん中では電波が届いていた。

◆2日目
發知が体調不良を訴えたためエスケープルートを使って下山した。オーレン小屋から桜平へ下りた。沢沿いの道を歩いた。これまた沢が朝日に照らされて美しかった。1時間ほどで桜平の駐車場に着いた。タクシーが来るまで持て余した。島村と奥沢は腕立て伏せをしていた。たくましい。ご父兄に見せたらきっと嬉しがってもらえるぞ。

◆まとめ&感想
晴れてて気持のいい山行だった。忘れ物が多発しているので気を付けたい。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://tsubakura2999.blog65.fc2.com/tb.php/282-5daf6e7e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫