FC2ブログ

トレ山行@鳳凰三山

 2018-06-27
メンバー:石川(B2、CL)、中山(B3)、小林(B3)、藤井(B1)、堀家(B1)
筆:堀家
~行程~
6/22 
23:15 JR甲府

6/23 
07:15 JR甲府~08:18夜叉神峠(夜叉神の森)~
08:30登山開始~09:13夜叉神峠~10:20杖立峠~11:45苺平~12:18南御室小屋 就寝17:00

6/240
3:00起床~03:50南御室小屋出発~04:52薬師ヶ岳~05:18観音ヶ岳~06:44地蔵ヶ岳~07:56鳳凰小屋~11:41青木鉱泉


†6/22†
前日準備。甲府に着くや否や、駅周辺がうるさい。眠れない。

†6/23†
朝2時くらいに、警察に声をかけられる。(駅前の外で寝た。甲府駅の屋根があるところで寝ていなかったので珍しがられたみたい。)
甲府駅のバスターミナルで夜叉神峠・広河原行きのバスを待つ(1420円。距離が長いので登山バスの中では親切な部類に入ると思う)
バスに乗って夜叉神峠(夜叉神の森)まで行く。
ここで罠だったのが、夜叉神峠駐車場と夜叉神峠の標高が大きく違ってたことで、これが地味にきつかった。
20180623_082933(0).jpg
夜叉神峠駐車場:標高1380m

20180623_091559 - コピー
夜叉神峠:標高1790m
(1800から2800の1000だから余裕ぶっこいてたら1300からの2800で1500くらい上がらないといけないのが辛かった)
夜叉神峠で休憩をして杖立峠へ。
杖立峠から苺平に向かう途中に70cmくらいのクマ(幼獣)が登山道を横切った。こわい。
クマを可愛いという人もいたが理解できなかった。
苺平を出発する頃くらいから雨が降り始め、途中で雨具に着替えた。
正午くらいに、テント場の南御室小屋についてテントを立てたり飯を作ったりした。雨がひどかった。つらい。
17時に寝て翌朝の4時テント場出発に向けて3時起床をすることになった。

†6/24†
朝3時起床
まだ空は暗い。星が見えるかなと期待したが、曇っていたので1つも見えなかった。
20180624_034448 - コピー
目標の4時よりも前の3時50分に出発ができた。
歩くこと約1時間。5時前に薬師岳についた。
薬師岳の前の砂場が地味に辛く、ずるっと滑るために体力を消耗した。
20180624_045408(0) - コピー

20180624_045449(1) - コピー
↑これがオベリスクだと思ってたので少しがっかりした。
少し休んで観音岳に向かう。
完全にガスっており、視界が狭いし、景色は何もなくて面白くなかった。
20180624_052231(1) - コピー
観音岳を早々と去って次は、地蔵岳へ
視界が悪く迷いそうになったが登山道のマークをしっかり把握して正しい道を歩いていった。
20180624_064210 - コピー
20180624_064327 - コピー
↑これがオベリスクのようだ。
写真では小さく見えるが、実際はかなり大きく迫力がある。
20180624_063151 - コピー

3つもピークに登って充実感いっぱいだったが、正念場はここからであったのはその時知る由もなかった。
というのも、上りは1400から2800まで上がるのでプラス1400だが、下りは2800から1100まで降りるマイナス1700であったため膝が死にそうになった。
前の山行(大菩薩嶺)に比べると下る速さは速くなっていると思うが、つらい。みんな速すぎ。
それでも、滝を見ながら数回の休憩を挟んで、ゴール地点の青木鉱泉につくことができた。
20180624_134116 - コピー

入浴料1000円と高めだったが、やはり疲れた時のお風呂は最高だった。
タクシーで青木鉱泉からJR韮崎駅まで行き、そこで解散。

†まとめ†
かなり高くまで登った。
高山病になるかなと心配したが全くそういうことはなかったし、他の人達も高山病にはなっていなかった。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://tsubakura2999.blog65.fc2.com/tb.php/278-e11ae1ce

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫