FC2ブログ

東女合同ワン@金峰瑞牆

 2017-06-13
メンバー:山本(B2,CL)、中山(B2)、發知(B2)、上野(B2)、堀口(東女B2)、難波(東女B2)、谷内(東女B1)
筆:上野

6/9【大岡山…(レンタカー)…双葉SA】
6/10【双葉SA…瑞牆山荘7:00…富士見平小屋7:45-8:55…沢9:15…2000m地点9:58-10:15…瑞牆山10:53-12:00…沢13:06…富士見平小屋13:26】
6/11【富士見平小屋4:20…大日小屋5:00…大日岩5:28-6:00…砂払いの頭6:50-7:00…金峰山7:45-8:35…大日岩分岐9:55-10:05…富士見平小屋11:05-12:10…瑞牆山荘12:34】

今年もやって参りました合同ワン。東女のテント泊希望により、ゆるふわテント泊で有名な金峰瑞牆に決定。初の合同一泊に期待が膨らむ。

◆0日目
昼過ぎに男4人で集まり、食当共装もろもろ準備をし、暇を潰した。夜にレンタカーに乗り込み、中野駅で難波さん谷内さん、つつじヶ丘駅で堀口さんを拾う。にぎやかに話しながら中央道を走り、途中の双葉SAにて仮眠をとる。男どもはステ寝、女性陣は車中泊。
◆1日目
5:00起床。再び車を走らせ、瑞牆山荘に到着。共装分けを終え全員パッキングを済ませるも、山本がトイレに行ってしまい15分くらい待った。
予定通り7:00入山。いいペースで登っていき、水をくみ、ほぼコースタイムで富士見平に到着。テントを建てたりしばらくくつろいだりした。まず初日、瑞牆山へアタックである。全員出発準備を整えるも、山本が腹痛を訴えトイレに行ってしまい15分くらい待った。
山本が戻り、出発。登って下って、沢を渡ってまた登る。岩場鎖場などもどきどきあるが、女性陣もいいペースで歩いている。途中休憩を挟み、木々の間から見える金峰山を使って読図をした。登って登って、本山行の1つ目の目標である瑞牆山頂に到着した。やったぜ。集合写真をパシャリ。

合同瑞牆

東女3人が崖っぷちに座ったりしてて超怖かった…。その後やわらぎ&差し入れ&おしゃべりでゆっくり。天気が悪くなる兆候があったので12:00に下山を始めた。いろいろしゃべったりしつつ順調に富士見平に帰還。雨が強くなる前に帰ってこれてよかった。
寝不足なので昼寝して、晩飯のカレーをつくる。米炊きを堀口さんに押しつけたがとても美味しかった。いろいろ片付いたところでテントで7人でUNOをする。ドロー4で難波さんが谷内さんに普段の恨みを晴らされる(?)などいろいろあり楽しかった。眠くなったので消灯した。

◆2日目
3:00起床。東女が作ってくれたコーンスープとホットドッグをいただいた。とても美味い。ごちそうさまでした。4:00出発。今日もコースタイムより速いペースで進み、大日岩分岐にて休憩。時間もあるので大日岩に遊びに行く。瑞牆山や八ヶ岳の遠景を楽しんだ。谷内さんは岩の頂上にチャレンジしていた。逸材です。
休憩していると、某I田さん、N目さん、N口さんの3人に出くわした。東工大と名乗ったが知らないと言われ、消えていった。知名度の低さはさすがである。この三人は今後、下山後まで我々を煽り続けるのであった…
気を取り直して出発。がつがつ登り、森林限界の稜線へ。岩が多いがここもいいペースで歩き金峰山に到着した。これで今回のノルマ達成!!喜びに浸りながら差し入れパーティー。カルピスを飲み、ソーセージやベーコンを焼く。旨かった。集合写真を撮ったりして、寒過ぎるので下山開始。下りは会話も増え、楽しい時間だった。コースタイムくらいで富士見平まで着いた。しかし筆者は寸前で腹痛によりダウン。東工は腹が弱すぎる。闇の深さだろうか。
テントやらを撤収し待っていると、フライが袋に入りきらず東女3人が手こずっている。どう考えても袋が小さすぎる…合うのを見つけて下さい。
一時間後、出発。だーっと下って瑞牆山荘に到着した。みんなで山荘のソフトクリームに飛びついた。出てくるソフトクリームを若い順に食べようと言うので、山本は最後になった。w
その後車に乗り込み、温泉に入り、渋滞にはまりながらおしゃべりし、自由が丘で打ち上げして帰った。

◆感想
去年よりレベルアップした、一泊の合同山行ができたのは大きな成果だと思う。人数が少ないのが若干うーんという感じはするが…とても交流が深まったと思う。来てくれた東女の方、ありがとうございました。

合同金峰

合同ほっち
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://tsubakura2999.blog65.fc2.com/tb.php/250-e1148033

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫