FC2ブログ

10/22~23 1年ワン@尾瀬

 2016-10-25
筆:平田
斎藤(CL,医療)、松本(SL,装備)、平田(記録)、本間(気象)、發知(食当)

▽0日目
【部室集合(18:00)→電車→沼田駅(24:00)】
部室へ行くと上野がぐったりしていた。体調がすぐれないとのことで帰った。部員たちからのたくさんの差し入れをザックに詰めて出発する。学割できっぷを買うために、電車を一本遅らせてもらった。

▽1日目
【沼田駅(6:20)→バス→鳩待峠(8:25)…至仏山頂(11:00)…鳩待峠(13:20)…山の鼻(14:00)…見晴キャンプ場(16:00)】
沼田駅から長い間バスに乗って鳩待峠に移動する。至仏山へは、ほぼ予定通りに着いた。至仏山から尾瀬ヶ原が見えた。木道にはTEPCO・東京電力の焼印がが施されていた。東電小屋もあるから、尾瀬と東電は関係が深いようだ。そして出発地の鳩待峠に昼頃つく。この時点で予定より少し遅れていた。この時点で正直満足ではある。ここから尾瀬ヶ原を通ってキャンプ場へ行く。木道が多いのでつらくはない。はずなのだが、平田の膝がやられた。

IMG_6638_R_R.jpg


↑尾瀬は紅葉していた。木道に紅葉がよく映えていた。夕食の鍋を片付け、差し入れをいただいた。

▽2日目
【見晴キャンプ場(4:45)…燧ケ岳分岐(5:00)…見晴新道…燧ケ岳山頂・柴安嵓(7:50)…尾瀬御池(11:00)】
3時起床。お茶漬けを食って出発する。暗闇に動物の遠吠えが聞こえてビビった。この日も朝から雨に降られることはなかった。昨日からの膝痛が残っていて、少しつらい。
IMG_4945_R_R.jpg

↑朝はよく晴れていた。
そのうちに燧ケ岳に着く。燧ケ岳の安嵓(しばやすぐら、2,356m)、俎嵓(まないたぐら、2,346.0m)ピークをとる。どちらからも尾瀬ヶ原、尾瀬沼がみえた。休憩をとって下り始める。木道が多い。遠くまで続く木道はなんかいい眺めだ。途中、登山する装備をしていない一行とすれ違った。登山靴も履いていない。無理だと強く言うべきだったと思う。帰りのバスから見た紅葉が一番美しかった。下山し、温泉に入って体を洗った。交通費が足りなくなった。合計で1万弱かかった。


▽まとめ
なかなかいい山行だった。リーダーは初めてで大変だったろうが、よく頑張ってくれた。上野気の毒である。


IMG_4898_R_R.jpg
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://tsubakura2999.blog65.fc2.com/tb.php/243-ba5bfe6e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫