FC2ブログ

7/16~17 金峰・瑞牆山

 2016-07-23
7/16~7/17 金峰瑞牆
 メンバー:大森(B2、CL)、柴田(B2)、鈴木(B2)、中山(B2)、中山(B1)、小林(B1)、上野(B1)
筆:上野

7/16 【大岡山…韮崎駅…瑞牆山荘11:00…富士見平小屋11:40-12:15…瑞牆山13:25-13:45…富士見平小屋14:50】
7/17【富士見平小屋04:00…大日岩分岐04:55-05:05…金峰山06:15-07:00…大日岩…富士見平小屋09:15-09:30…瑞牆山荘10:00】

南ア全山縦走Pのトレ山第3弾である。第1弾、第2弾ともに1日10時間行動というなかなかに過酷なもので第3弾はどんな鬼山行が来るのかと思っていたが、今回は当日朝発、1日の行動は5~6時間、荷物をデポってピークはピストン、というとてもゆるふわなものであった。トレーニング的には順番がおかしいが、日程的にはやむをえなかったものと思う。また、今回はパーティー全員が初めてそろった山行であった。

♦前夜 7/15
 朝発なので、食当準備や共装分けをのんびりと済ませ各々帰宅。家が遠い柴田先輩と筆者は部室に泊まることにした。寝坊しないようにと筆者は11:00頃にさっさと寝たのだが、部室で遊んでいた他の先輩の誘惑に負けてしまった柴田先輩は3時半ごろまでスプラトゥーンをしていたらしい。ゲームの誘惑って怖い。

♦1日目 7/16
 5:30大岡山発というそこそこの早さだったが誰も寝坊せず無事全員集結した。鈍行電車に3時間ほど揺られ、白目をむいて寝ている柴田先輩を皆でたたき起こして下車、さらにバスで1時間、ようやく登山口の瑞牆山荘に到着。さすが人気の山、天気はそれほど良くなかったがバス停は多くの登山客で賑わっていた。適当に行動食を食っていざ入山。
 とくにきつい斜面もなく軽快に登っていき、途中で湧水をくむ。やはり山の水は冷たくてうまい。入山から40分、あっという間に富士見平のテント場に到着。今日明日はもう、ここに荷物をデポって瑞牆と金峰をピストンするだけである。わーい。

 テントを張り、最小限の荷物だけ持って瑞牆山に向け出発。雨で濡れた岩場が何回か現れ、足場を見つけて滑らないように登っていく。山頂付近になると登山客で行列ができていたが、大きな遅れはなく瑞牆山頂に到着。休む場所を探していたらいきなり山頂が切れ落ちているのが見えてビックリした。瑞牆山はとても景色がいいと聞いていたが、この日はガスで完全に真っ白である。午後だから仕方ないか。みんなで差し入れやフルグラを食べながら20分ほどくつろいだ。それにしても随分人が多いなぁ。下山開始。

 下り中も相変わらず人が多かった。譲ったり抜かしたりしながら登りとほぼ同じタイムでテント場に到着。今日の晩飯はビビンバ。 …の予定だったが、野菜の水分が予想以上に多く、見事にキムチ鍋になってしまった。まあそこはどっちでもいいし、米炊きも成功したようで本当に美味しかった。山でこんな美味いものが食えるとは!

寝ようとしたときに、テントの中に割と大きなよく分からない虫がいて中山先輩が殺していた。昨年の槍・表銀座縦走の記事によると、中山先輩はテン場で虫を殺しまくって死神というあだ名をつけられたらしい。今回は1匹だけだったが、合宿では本領を発揮して下さるのだろうか。

♦2日目 7/17
 瑞牆山荘10:15発のバスに間に合わせ、温泉に入ってさっさと帰りたい!ということで、計画より1時間早め4:00に出発することとなった。朝飯は流水麺。火を使う必要がないので楽だーと喜んでいたら、なんと麺つゆを忘れてきたことに気付く。塩やら晩飯で使った調味料やらを駆使してなんとかしのいだ。しのいだっていうか普通に美味しかった。

 4:00、金峰山に向けて出発。まだ暗い中ヘッドランプをつけ、いいペースでガンガン登っていく。途中、大日岩付近で一回休憩をとった。その時先輩方は授業や単位の話をしていた。「あの教授の授業で単位来るわけねーじゃんw」とか。2年生ってとても大変そうだ。留年はしたくないけれど進級もしたくないなぁ…(?)
 その後も順調に高度をあげ、稜線にでると涼しくて心地よい風が吹いてきた。開けた景色も楽しみながら岩場を歩き、金峰山に到着。今日は見事に晴れていて人も少なく、富士山や雲海など絶景を楽しむことができた。山頂っぽいところで集合写真をとり、時間があるので近くにある岩峰に登ることになった。(どっちが本当の山頂なんだろう…)先輩方は全く疲れていないようでどんどん登っていく。筆者は登れる気も降りれる気もしないので潔く諦める。頂上はとても寒くて怖かったそうだ。


1469247578878.jpg
金峰山山頂での集合写真。よい天気!


1469247589483.jpg
富士山&雲海の眺め。瑞牆でもこれぐらい晴れてたらなぁ。

その後差し入れのパインと炭酸水をいただき、くつろいでから下山開始。

 途中、大日岩に寄り道をした。みんなスイスイ登っていくのだが筆者だけは岩肌の登りで大苦戦し、先輩方に何度も教えていただきなんとか登ることができた。昨日登った瑞牆の遠景がすばらしかった。

 大日岩を後にして富士見平まで一気に下る。着いたときにはバス発まで残り1時間しかなかったのでテント撤収とパッキングを猛ダッシュで済ませて最後の下り。筆者は空腹で極端にペースが落ちていたが、後ろにいた鈴木先輩から「この遅さで下るのは辛いわ。走りたい欲がぁ~」と煽りを受け、必死に足を動かす。15分残しで瑞牆山荘に到着し、無事韮崎駅行バスに乗ることができた。バス内で大森先輩が携帯電話をバス停に置いてきてしまったことに気付くが、次のバスの運転手が駅に持ってきてくださるということで解決した。

今回は行程のほとんどは荷物が軽かったので、逆に荷物が登山の辛さのどれだけを占めているのか思い知ったような気がした。あと、瑞牆はまた晴れている時にリベンジしてみたいと思う。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://tsubakura2999.blog65.fc2.com/tb.php/235-6d47ad92

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫