FC2ブログ

トレチャリ~神奈川県名所巡り

 2016-01-23
筆:深井
CL:尾崎(B2)  ログ:深井(B2) 中山(B1) 永井(B1)
今回のチャリワンは春の合宿に向けてのトレーニングとともにワンゲル神奈川県民部員の各家をまわるエンターテイメント性をもったものであった。以下詳細を書いていく。
6時20分に部室に全員集合。この10分後に出発予定だったが、皆が飯を食っていなかったので朝飯を食うことに。のろのろとしていたら、時間は7時をまわっていた。準備運動を軽く行い7時15分に出発。と同時に深井はヘルメットを持ってき忘れたことに気付く。痛恨の極み。8時35分に予定より早く一年生の梅田家前に到着。プライバシーの関係で写真を載せることは控えさせていただくが、梅田家はきれいなマンションで目の前に小さなブランコと滑り台が設置してあり、高級感が漂っていた。到着したらすぐさま我々は梅田を呼び出すことに尽力したが、梅田が出現することはなかった。この1時間後くらいに梅田はそもそも家にいなかったという事実を知り、空しさを感じた。梅田家を9時あたりに梅田家をあとにして、一年生の山田家に向かって漕ぎ始めた。すると、10分程度で山田家に到着することができた。推測であるが、歴代ワンゲル部員でこれほど実家と実家の距離が近い人間はいないのではないか。着くやいなや我々はパーティー4人の背後に山田が写るように写真を何枚かとった。そして、山田に出現要請をしたが返事がない。山田も不在かと思ったその時、山田家の玄関から人が現れる。山田である。寝起きであったらしくパジャマ姿で登場した。しかし、特段面白いことは発生しなかったため、山田の出現から時間をあまり置かずに次の目的地東京工業大学すずかけ台キャンパスへ向かうことにした。この9時50分にすずかけ台キャンパス到着。すずかけ台の周りは農地ばかりで建物の色が無機質であったためこのキャンパスは極秘研究所のような雰囲気をかもしだしていた。少しキャンパス内を散策すると私のような凡人には理解しがたい芸術品がいたるところに置かれているのを見ることができた。また、キャンパス内のゆうちょATMにおいて不思議な点があった。ゆうちょATMのすぐ横に設置されているみずほ銀行ATMは大岡山支店と表記してあり特に引っかかることはなかったのだが、ゆうちょATMの支店は埼玉県内の支店であった。なぜ埼玉の支店なのか謎である。30分程度散策し、海老名へ向かった。途中軽い休憩をはさみつつ11時15分に海老名ららぽーとに到着。ここのフードコートで昼食をとることにした。30分ほどで食事を終えると、行動時間に余裕があるので少しばかり休憩することにした。40分くらい休憩したあと、一年生の鈴木家を目指して出発。30分強で到着。鈴木家は新築であったため、外観の美しさが周りの家屋を圧倒していた。鈴木がいないのは前もってわかっていたので、写真のみ撮り三年生で部長の飯田さんの家へ向けて出発。途中小休憩をはさみ14時に到着。飯田さんは在宅であったので現れてくださった。そして、茅ケ崎で本日二度目の昼食をを取ることになった。飯田さんおすすめのラーメンをすすりながら、茅ケ崎について飯田さんから教えられた。その後、飯田さんとともに茅ケ崎の海岸へ行くことに。そこで飯田さんからカニを見つけよという指令を受ける。なんと、16時近くまでカニを探し続けた。しかし、見つけられたのは中山のみで、このときカニを最初に見つけたものが次期部長という特典を飯田さんがつけていたので中山はその権利を得た。飯田さんと別れた後、最終目的地江の島へ向かった。17時ごろに到着。江の島はカップルばかりであふれていて、男四人の場違い感はすごかった。江の島を堪能したあとは最寄駅に向かい輪行して大岡山へと帰還した。
走行距離としては85Km程度で大したことはなかったが、久々のチャリであったため皆そこそこ疲れていたように思う。体力の向上が課題であると感じた。また、部員全員の家へ行けたことはとてもよかった。
スポンサーサイト



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://tsubakura2999.blog65.fc2.com/tb.php/207-e626b787

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫