FC2ブログ

7/25 表丹沢・勘七ノ沢

 2015-07-25
筆:山田(B1)
CL 橋本(B2) SL 益田(B2) 医療 柴田(B1) 気象 鈴木(B1) 記録 山田(B1) 

▽7/25 (0,1日目)【大岡山(5:00)→大倉(7:30)→二俣(8:30)→花立山荘(14:30)】
ついに沢。この部活に入ったのは沢に憧れてたからと言っても過言じゃない。
直前に沢タビを買いに行ったりとかなりあたふたしつつ、第二部室に到着。で、朝。電車でガタゴト。丹沢はフリーパスが使えるから安い。小田急に圧倒的感謝を示し、渋沢駅、大倉に到着。あ、歩荷で来た所じゃんと思いつつ水を汲む。ただ、その時とは違うルートで1時間くらい歩いて行った。標高が低い事もあって ジメジメしててあまり良いアプローチと言えない。太陽ももっと輝いてくれると良かった。で、遡行開始。タビを履いてハーネスを付けて、カラビナをつける。心拍数が上がっていく。7月だから水がひんやりしてキモチイと思うがそんなことはない。はじめのうちは心地良いが、だんだん冷たくなってくる。少し震えつつ、黙々と登っていった。ザイルを出す中くらいの滝は5つくらいあって、どれも震えながらも登り切る事ができた。橋本先輩にトップで登って頂いたので、僕たちは安全に登ることができた。それでも、緊張感はある。途中あんまり休憩がなくてしんどかったが、鈴木くんと、柴田くんがしっかりとついていっていたから、わいも必死に後を追う。そこそこ上流にくると流れも早くなり、岩もゴツくなりしっかりと手を押し付けないとツルッと滑ってしまう。で、滑った。2mくらい。うむ。まあ、あまり流れが急でない所だったのが幸いだった。そのまま登って行き、ヤブ漕きゾーンに突入。斜度はキツイわ、石は転がるわで大変だった。しかも正確な道があるわけじゃないから精神的にもけっこうくる。で、弱音をぼそっと吐いてしまう。飯田先輩、橋本先輩、益田先輩という強い先輩方のサポートもあって予定時刻は過ぎてしまったが無事、山道に出ることができた。ただ、ヒルはいるし、匂いはきついし。沢登りはいい事ばかりではない。学んだ遡行だった。後、自分はトップで登ることができるんだろうか。
スポンサーサイト



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://tsubakura2999.blog65.fc2.com/tb.php/200-4110ebc3

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫