FC2ブログ

塩見岳 12/26~12/29

 2015-12-30
筆:飯田
メンバー:飯田(B3・CL),井上(B3),橋本(B2),益田(B3)
日程:12/26~29
行程:
12/26【鳥倉林道冬季ゲート…三伏峠…本谷山付近】
12/27【停滞】
12/28【本谷山付近…塩見岳…本谷山付近】
12/29【本谷山付近…三伏峠…鳥倉林道冬季ゲート】

12/26~29の行程で塩見岳に登ってきました。雪不足を心配していましたが、25日に多少の降雪があったようで年内最後の雪山を楽しめました。

12/25
14時に大岡山を出発し、21時すぎに伊那大島駅についた。今回は18切符を利用したため鈍行を使ったが、7~8時間かかるため、高速バスのがおすすめである。新宿から伊那市行きの高速バスが出ており電車より3時間ほどはやい。伊那大島駅から冬季ゲートまでタクシーで一時間一万円ほど。この日は冬季ゲート前にテントをはって就寝。


入山写真

12/26
6時に冬季ゲートを出発。まず夏の登山口まで2時間ほどの林道歩きである。登山口からは緩い登りが続く。尾根に出るあたりから積雪が増え始める。地形図では尾根上に登山道があるが実際は北側斜面をトラバースする道で、途中沢を何回か横切る。大量の積雪があるときは尾根沿いにいった方がよいかもしれない。
5/10あたりで(この道は丁寧に三伏峠までの距離を細かに分割し看板を立てている)益田のペースが大幅に落ちる。止まって待っている時間のが長くなりはじめたので、三伏山の少し先で幕営を決定。14時20分頃から整地を開始し、簡単な防風ブロックを制作した。夕飯はカレー。ニンジン、玉ねぎが固くてまずかった。

12/27
この日は行動できない天気ではなかったが、前日の益田のペースを考えるともう少しベースを前進させたかった事と翌日のが天気が良さそうな事が天気図から読み取れたので、ベースを本谷山の少し先に移し停滞した。時間があったので、快適なテンバ作りにいそしんだ。夕飯は鍋。あまり体を動かしてなかったからか250gの肉はこたえた。

12/28
予想通りの快晴である。5時にテントを出発。飯田はヘッデンを紛失したので、ランタンをぶらさげて行動する。途中、トラバース道の入り口を見つけるのに手間取る。少し看板が分かりずらい位置についていた。森林限界を超えると素晴らしい景色が待っていた。朝日で真っ赤に染まる白銀の山々の姿は本当に美しかった。
森林限界の超えたあたりでアイゼンを装着するが、益田のアイゼンが靴に全くあっておらず、しかも古いタイプなので六角レンチがないと対応できない。奇跡的に橋本の靴にあったので、橋本のアイゼンを益田のサイズに調整させ事無きを得た。
森林限界を超えると北俣尾根側から強い風が吹いていた。バラクラバをつけ忘れていた橋本は結構つらかったらしい。塩見小屋を過ぎると岩稜地帯になる。夏道通しで難しくはないが滑落は絶対に許されないので慎重になる。山頂からは富士山の雄大な姿を拝めたが、風が強く長居はできないのですぐに下降にかかる。下降は一か所タガ―ポジションで降りた。井上はかなり怖かったようだ。テントには11時にかえってこれたのでその日中に下山する事も全然可能だったが、せっかく良い整地ができてたので明日下山する事にした。

12/29
4時すぎに出発し、日の出前に登山口に到着する事ができた。温泉で汗を流した後高速バスで帰京した。

まとめ・感想
塩見岳は基本的な雪山技術が身についている登山者なら余裕をもって楽しめる山だと感じた。今回、先行者のトレースが塩見小屋手前までうっすらと残っていたので楽に進めたが、去年の同時期では激しいラッセルになったようである。次回はトレースが全く無い時に登りたい。
試験的に防寒テムレスを利用したがかなり有効であると感じた。テムレス+ヘリテイジのオーバーミトンという組み合わせであったが、全く凍らず一度も寒いと思わなかった。今後も有効活用していきたい。

siomidake.jpg
本谷山付近から望む塩見岳
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://tsubakura2999.blog65.fc2.com/tb.php/197-7a574129

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫