FC2ブログ

トレ山三ツ峠 6/13,14

 2015-06-01
筆:梅田
CL:飯田(B3) SL:橋本(B2) 装備:益田(B2) 気象:梅田(B1) 医療、食当:柴田(B1)


▽1日目
【三つ峠駅→登攀訓練→三つ峠山】
8時20分、パーティーメンバーが三つ峠駅に揃い、準備を済ませて出発。駅から登山道の入り口までは車道を1時間歩くことになる。ずっとハイペースで歩く飯田先輩や橋本先輩に遅れまいと必死だっが、体力のない私は徐々に遅れを取り始め、やがて前を行く4人の姿が見えなくなった。つらい。

何度か休憩を挟み、夏バテ気味だったため途中から益田先輩にロープを持ってもらった。情けない。上りが終わってトラバース区間に入った頃からはクライマーのコールが聞こえるようになり、気分も上がった。屏風岩に到着したのは11時10分。一般ルートを何回か登り、ロープワークのおさらいをしてこの日の訓練は終了。

引き揚げてテン場に着いたのが15時30分。「美味しいご飯をつくるぞ☆」と張り切っていた柴田と私であったが、盛大に失敗した。私は気象図を書いていてご飯には関わっていないのだが。先輩方は文句を言いながら食べていたが、やはり自分の作った料理を文句を言いながら食べられるのは良い気はしない。将来万が一彼女ができたら気をつけようと思う。
s_IMG_1040.jpg


▽2日目
【三つ峠山→登攀訓練→三つ峠駅】
4時起床。雨が降っている。つらい。朝食にラーメンを食べてダラダラした後、テントを畳んで6時に出発。雨上がりでは、テン場からの急な下りが滑りやすいため注意が必要だ。

10分ほどで岩場に到着し、ハーケンを打つ練習などをしてから登攀を開始した。朝まで雨が降っていたためか、昨日に比べて少しクライマーが減った気がする。まずは飯田先輩やと橋本先輩が中央カンテの下見に行った。僕らは下で待つしかなかったが、僕はこのときブヨの餌食となった。

次に橋本先輩と柴田、私の3人で中央カンテへ。登りやすく景色も良いためテンションが高かったが、柴田は足が震えていて景色を楽しむ余裕など無さそうだった。可哀想に。確か柴田は一度どっかで落ちていた気がする。

そして飯田先輩と益田先輩が中央カンテへ。クラックのある2P目で飯田先輩が何やら叫んでいた。余程嬉しかったんだろう。その間残った3人でザックを背負った状態でのクライミングにトライした。登りづらかったが、良い経験にはなったと思う。

訓練を終え16:00に出発し、登山道入り口まで下山したところで小休止、のはずだったが、35分の大休止となった。なにやらよく分からない話し好きなオジサンに絡まれてしまったのだ。三つ峠の岩の話だとか信仰の話だとか、私には興味のない話を延々20分以上も聞かされた。長かった。その後は途中着替え休憩を取り、三つ峠駅にたどり着いたのは19時であった。三つ峠駅の待合室も虫で溢れていて涙目だった。


▽まとめ
三つ峠はとにかく虫が多く、全員ブヨの被害に遭った。次回から虫対策も十分に行おうと思う。虫さえいなければ最高の場所であった。
今はまだまだであるが、いずれ自分もリードできるようになりたいと思った。




スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://tsubakura2999.blog65.fc2.com/tb.php/190-65d1c4aa

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫