FC2ブログ

八ヶ岳・赤岳 15/06/13~14

 2015-06-13
筆:中山(B1)

CL:西脇(B3) SL・装備:野口(B3) 井上(B3) 食当監督:尾崎(B2) 気象監督:深井(B2) 食当:武山(B1) 気象:永井(B1) 医療・記録:中山(B1) 食当:田中(B1)

6/12(0日目)【大岡山(19:42)→小淵沢(23:34)】

今回はかなりの大人数の移動であった。
小淵沢では屋根のない駐車場でのステ寝だった。出発の時は蒸し暑い感じであったが、さすがに山の近くまで来ると涼しかった。

7/12(1日目)【起床(4:00)→小淵沢駅(5:00)→観音平(5:30)→編笠岳(7:45)→青年小屋(8:30)→権現岳(10:06)→キレット小屋(11:50)】

朝起きるとシュラフが朝露で濡れてしまっていた。シュラカバをかけておけばよかったと後悔。今回は駅からタクシーで移動となった。タクシーのおじさんはよくしゃべっていたが後ろのほうでよく聞こえなかった。

タクシーを降りて歩き始めたが、他に歩いている人は見当たらなかった。最初のほうは、背の高い木が多い場所を歩いていて涼しかった。

しばらく歩いて編笠岳についた。予定より早く着いたし、なによりとてもよい天気だった。山頂で少し休憩した後、青年小屋で荷物を置いて水汲みに行った。水場はぬかるんだ道をすこし歩いた先だった。山の水場で飲む水は冷たくておいしい。そこから先は人数が多いということで、二つに分かれての行動となった。

途中すごく長い梯子があった。あまり手入れをしていないのか、何本か支柱が浮いていてとても恐ろしかった。1日目は通して天気よく、八ヶ岳のいい景色を堪能することができた。

キレット小屋にも予定より早く着いた。山小屋はまだやっていないようだった。時間が早かったので準備をして少しゆっくりした。西脇さんのサラミがとてもおいしかった。昼寝の後夕飯を作る。タンドリーチキンを作っているのを見てテフロン加工のフライパンの偉大さを感じた。タンドリーチキンもおいしかった。夕食後方付けをして寝たのだが、テントを立てたのが斜めになっていたところで寝心地が非常に悪かった。

7/13(2日目)【起床(2;30)→キレット小屋(3:50)→赤岳(5:10)→横岳(7:10)→硫黄岳(8:00)→赤岳鉱泉(8:45)→美濃戸口(10:36)】

朝起きると気がつかないうちにテントが増えていた。それにしても毎回朝ご飯はつらい、、、
暗いうちに出発したのだがどうも自分だけライトが暗い。そろそろ電池交換か。

最初の上りはすこし急だったが涼しいのもあってそこまでつらくなかった。途中はキレットを通った。最初見たときはこんなところを通るのかと驚いたが、通ってみるとスリルがあって面白かった。歩いていて、あれが赤岳かと思って登ってみるとまだ先があったということが何回もあって心が折れそうになった。

赤岳山頂について、後から出たグループを待つ。少しガスっていたが景色は良かった。さすがに標高が高いだけあって、寒い。合流した時にはすっかり冷えてしまっていた。写真撮影を済ませたのち出発。

赤岳を降りるほうのルートは来たほうとは打って変わってとても込んでいた。途中からみでヘルメットをかぶった学生の大集団に遭遇。途中でははしごで渋滞したりもしていた。女の人で自分たちと同じくらいの荷物をしょってる人がいて感心してしまった。同じグループの男のほうが荷物が少ない気もしたがいったい、、、

硫黄岳は遠くから見るとなだらかな丘のように見えていたが、近くに来ると意外と上りがきつかった。山頂では大きくえぐり取られたような地形が印象的だった。

そこからは長いくだりだった。途中で後ろのグループだったはずの野口さんと武山が合流した。他の人たちは置いてきたらしい。だんだん膝も痛くなってきて結構きつかったがなんとか下山することができた。


今回の山行は天候にも恵まれ、とてもよい山行だったと思う。また、登りもくだりも結構つらかったのでいいトレーニングにもなったと思う。これから合宿に向けて体力をしっかりつけていきたいとおもう。
スポンサーサイト



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://tsubakura2999.blog65.fc2.com/tb.php/176-65e758e8

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫