FC2ブログ

富士山雪訓 131214-15

 2013-12-16
筆:八木(B2)
CL:八木(B2) SL:太田口(B2) 藤井(B2) 角崎(B2) 飯田(B1) 井上(B1) 夏目(B1) 野口(B1)

0日目【大岡山~河口湖~馬返し25:30】
1日目【馬返し7:00…10:30佐藤小屋11:45…付近の斜面で歩行訓練、滑落停止…15:30佐藤小屋】
2日目【佐藤小屋7:30…六合目付近9:00…歩行訓練、バックステップ、コンティニュアス、フィックス訓練12:30…13:40佐藤小屋…15:00馬返し~大岡山】

うちの部では代々白毛門で雪訓を行っていたらしいのだが、正直訓練になるのか予想がつかない。一方近年は佐藤小屋にベースを置いた富士山雪訓がブームらしく、雪山の敷居を少しでも下げようと今回の訓練を企画した。
しかし何事も上手くいかないもので、積雪不足で予定変更を余儀なくされ、1週間遅れの実施。メンバーも少し入れ替わるかたちとなった。

◆1日目(12/14)
大岡山から例のごとくハイエースを駆って河口湖へ。1年生の準備があまりにもお粗末だったので出発前にお説教を垂れる羽目になる。登山にフリーライダーは居てはならない。途中休憩でコンビニに寄ったのだが、2人ほど何故か汁物を買って車に戻ってきた。案の定こぼしたらしく見通しの甘さにあきれる。暗い道を恐る恐る走らせていったが、登山口にはすでに多数の車が止まっていた。スタッドレスを念のため借りたものの登山口まではノーマルで走れるレベルの道だった。

朝、相変わらずバタバタと準備、飯田が寒さでコチコチの弁当を食べていた。皆慣れない冬装備に身を固めていざ出発。



暫くは雪のない登山道でつらかったが、途中から凍った地面が出てきてアイゼンを早めに着用。歩き方をしっかり教えながら登る。5合目の佐藤小屋は人がいれば営業してくれるので非常に有り難い。3時間半で到着。後発組だったのでテン場に気を揉んだがなんとか隅っこに確保。ビーコン講習を軽く行い訓練適地を探す。

少し歩くといい感じの斜面が。ただし割と柔らかいのでひとまず基礎的な歩行訓練。割と皆はしゃいでいて楽しい。そのうち飽きてきたのでスバルライン方面へ暫く歩くと、道沿いにいい感じに凍った小さな斜面が出現したので滑落停止の雰囲気をつかんでもらった。ちょっと加速しただけでも結構スリルがある。皆ピッケルを刺す時に肩と手が離れてしまっていたのでフォームを修正。これが役に立てばよいのだが。お茶を飲もうとしたら凍ってしまっていた。

その後まだ時間があるのでフィックスロープの張り方を太郎にやってもらおうと思っていたが、飯田の顔が笑顔でひきつっている。日陰で身体が冷えて気分が悪くなったらしい。改めて聞くと皆寒さに震えていたので中断して撤収とした。

2つのテントに分かれて、各自で作った初ペミカンを披露のはずが、隣のテントの様子がおかしい。聞くとペミカンとルーを全て忘れてきたらしい。無残。ルーの一部を渡して当座をしのいだが、1年生も山岳部出身だけに、向こうはお通夜状態だったようだ。

◆2日目(12/15)
テント内は割と暖かく気持ちよく目覚める。一方で隣のテント曰くポリタンの水が全部凍るほどの極寒だったらしく準備が遅れる。はじめからハーネスを付けた状態で、ひとまず上を目指す。
30分ほど歩くと森林限界を越えて木がなくなる。途端にふらつく程度の強風。耐風姿勢を実際に練習しながらじりじりと進む。途中少し登山道を外れたところいい感じに凍った斜面を発見したので、本格的にアイゼン歩行の練習をする。
そこまで技術レベルを上げるわけではないのでひとまず安定した登り下りに徹する。ピッケルもあるのでさらに急な斜面でフロントポイントで登り降りする練習もした。足元が見えづらい下りだと結構気を使う。


>基本は大切

歩行訓練を終えたら未だ実践のなかったコンティニュアスの練習。基本的に大滑落のないところでしか使えなさそうだが、スタカットへの移行を考えると多少メリットを認めてもよいことを確認する。


>まずは形から

さらにフィックスロープを張る練習をしたところでタイムアップ。手袋をつけてのロープワークはじっくりと練習していく必要があることを痛感した。下りは早く、あっという間に5合目到着。登山口付近までアイゼン歩行の練習をしながら下って行き、今回の雪訓は初年度としては成功となった。

◆まとめ
今後、指導レベルを上げるのは簡単ではないが、雪山での生活技術の底上げには良い雪訓だったと思う。敷居を下げるという意味でこうした基礎訓練は随時実施していきたい。もう少し真面目に準備してくると嬉しいのだけれど。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://tsubakura2999.blog65.fc2.com/tb.php/109-e46857e3

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫