FC2ブログ

東女合同ワン@槍ヶ岳

 2017-09-22
メンバー:上野(B2,CL)、山本(B2)、中山(B2)、島村(B1)、堀口(東女B2)、難波(東女B2)、谷内(東女B1)
筆:上野

9/17 【新宿22:25…(高速バス泊)】
9/18 【上高地9:10…明神10:05-10:20…徳沢11:10-11:25…横尾12:25-13:10…一ノ俣13:53-14:10…槍沢ロッヂ14:40-15:00…ババ平15:30】
9/19 【ババ平5:00…大曲5:20…天狗原分岐6:05-6:20…殺生ヒュッテ7:35-8:00…槍ヶ岳山荘8:35-9:10…槍ヶ岳山頂9:26-9:40…槍ヶ岳山荘10:00-11:40…天狗原分岐12:55-13:20…ババ平14:10】
9/20 【ババ平5:35…槍沢ロッヂ6:00-6:15…横尾7:20-8:05…徳沢9:00-9:30…明神10:20-10:50…上高地11:30】

今年2発目の合同ワン。数年前にやっていたらしい合同@槍を復活させたく企画した。東女の3人にとっては合宿より長い2泊3日。がんばりましょう!!

♦0日目
数日前から接近を恐れていた台風がこの日の夜日本を縦断するらしい。果たして決行できるのか....高速バスが動いてくれるのかも怪しい。無理なら順延するか中止して飲み会か... 悩みつつとりあえず14時に部室に集まり、準備をした。
5時、ヤマテンをみると18は昼から天気回復、19は快晴。高速バス運休の知らせもなく、10時前にバスタ新宿で東女3人と無事合流。バスに乗り込み、寝た。

♦1日目
途中の道で倒木があったらしくバスはかなり遅れたが、7:30頃無事上高地に到着。さすがにまだ風雨が残っていたのでビジターセンターに逃げ込み、準備をしつつ弱まるのを待つ。東工4人で東女のテントやシュラフを受け取り、ガッシャ(ブラックホール)にぶちこむ。山本のザックは26kgになってしまった。

合同ワン槍8
@ビジターセンター

9:10、行けそうになったので出発!ガスガスの河童橋で入山写真をパシャリ。
合同ワン槍16


雨の中歩き最初のポイント、明神に到着。雨も上がり、日差しが出てきた。すばらしい。レインを脱いで出発。


合同ワン槍13
ひたすら歩く。

徳沢に到着。休憩して出発。

12:25、横尾。ようやく下界歩きは終わりである。長めに休憩をとり、ソーセージを焼くなどしてくつろぐ。変にパラパラ雨が降ってくるのが嫌だった。
合同ワン槍10
ソーセージ。美味い。

隊列を組み、横尾を出発。トップを島村にするとめっちゃとばしはじめ、合同ワンなのに0.7倍で一ノ俣に到着。本人はとばしたつもりはないらしい。こいつはすでに洗脳されているようで。巻いた分休むことにする。沢がとてもきれいだ。

合同ワン槍19

合同ワン槍14
一ノ俣で遊ぶ。

その後順調に槍沢ロッヂ、そして本日のゴールのババ平に到着。地面は平らな砂地、水道あり、きれいなトイレあり。かなりのQOLである。
テントを張り、夕飯。今日はパスタ。美味いのだがやたら量が多く、我々だけでなく東女にも飯トレをさせるはめに...なんとか全員食した。
さて、明日どうするか。ヤマテンによると山頂の最低気温は2℃、風15m/s。夏装備で槍ヶ岳山荘テント泊は無理なので、テントは置いて行ってピストンすることに決定。

片づけたあと、難波さんが持って来たケーキで堀口さんの誕生日をサプライズ祝い。成人おめでとうございます!!!
合同ワン槍5

寝る前に恒例のUNO。中山が強かった。

♦2日目
3:30起床。お茶漬けをいただき、ヘツ電をつけて5:00出発。朝日に染まる稜線を見ながら歩いていく。
合同ワン槍17


いいペースで天狗原分岐に到着。休憩して出発。


つづら折りをしばらく続けていると、ついに槍の穂先が姿を見せた。一同テンションが上がる。写真をとりつつ軽快に登る。
合同ワン槍11
槍を目指して歩く。
合同ワン槍12

7:35、殺生ヒュッテ。槍の展望がすばらしい。穂先をバックに写真をとりまくる。
合同ワン槍4


8:35、槍ヶ岳山荘。ザックを置き、いざ山頂アタック。風強すぎて超寒いが、岩場をひょいひょい登る。
合同ワン槍15


最後の怖いハシゴ2つを乗り越え....

合同ワン槍18

登頂ーー!!上高地から長かった....しかし山頂はそれ以上に気持ちよかった。北アから南アや富士山までまったく雲のない、台風一過の快晴。こんなに晴れてるのはめったにない。超運がいいなぁ。
合同ワン槍20

合同ワン槍9

寒いのでさっさと降りる。谷内ちゃんは岩下りが楽しいらしい。やはり逸材!鍛えてクライマーにでもしてあげたい。
合同ワン槍2
合同ワン槍1

槍ヶ岳山荘につき、くつろぐ。

合同ワン槍6
乾杯!

合同ワン槍7

11:40槍ヶ岳山荘を出て下る。ダーっと歩いてババ平。疲れたのできょうはこれで終了。
晩飯はビーフシチュー。島村の米炊きも成功し、美味しかった。
東女が持ってきてくれたお菓子やミカン缶を食べながらババ抜きをして就寝。

♦3日目
朝飯は東女プロデュースの牛鶏肉ぶっかけ雑炊(で合ってるのかな....)。とても美味しい。ごちそうさまでした。テントをたたんで出発。

7:20、横尾。山本のソーセージを焼いてリラックス。

9:00、徳沢。徳澤園でソフトクリームやらおでんやら軽食をとった。

フリースでも震えるような秋の風が吹き付ける。アルプスの冬入りを感じさせられた。

10:20、明神。ソーセージ&カルピス。

11:30、河童橋に到着。お疲れ様でしたー!!晴れた河童橋で写真をパシャリ。
合同ワン槍16



その後温泉に入り、ギリギリでバスに駆け込み、松本のそばうどん屋で打ち上げして解散。

♦まとめ
台風でどうなることかと思ったが、特になんともなかった。今までも梅雨や雨予報を退けことごとく晴れてきた合同ワン、やはり最強。2泊合同は我々には初の試みだったが無事成功できてよかった。一年生どうしの親睦もかなり深まったようで充実した山行だった。参加してくれたみんな、本当にありがとう!!!!

合同ワン槍3
スポンサーサイト



タグ :

7/15 葛葉川本谷

 2017-09-10
筆:石川
メンバー:平田(CL.B2) 柴田(B3) 山本(B2) 石川(B1) 池田(B3) 飯田(OB)

0日目 大岡山…葛葉の泉
1日目 6:00葛葉の泉…7:20分岐…8:20板田の滝…8:52林道…9:33分岐…10:45-11:25三ノ塔岳…12:40下山

今回は1年の石川と池田の初めての沢登りである。
実際岩場を登ってみて、簡単な所と聞いていた通りあまり難しくはなかった。
次に行くときにはもう少し難しくて、なおかつ泳げるところに行きたい。

最後のツメはかなり崩れやすいところをいくつも通って、かなりひやひやした。これでも楽な方というんだから他の所はどうなっていることやら…

今回の沢は少し不完全燃焼な感じもあったが、なかなかに楽しかった。
タグ :

鈴木Pトレ山(新管山行第二弾)@那須岳 2017 6/17

 2017-09-09
筆:石川
メンバー:鈴木(B3,CL)、梅田(B3)、發知(B2)、上野(B2)、石川(B1)、本間(B2)、池田(B1)

6/16 大岡山…山麗駅前駐車場
6/17 5:25山麗駅前駐車場…5:55峠の茶屋…6:40朝日岳分岐…6:47朝日岳…7:20隠居倉…8:15-9:00三本槍岳…9:55朝日岳分岐…10:20峠の茶屋…10:55-11:15茶臼岳…12:05下山

今回の山行はもともと1泊2日の山行のはずだったが、テン場の予約忘れで日帰りの超ゆるふわ山行になった。
そのため少し遅れて入部した池田の新歓山行という体が大きくなってしまった。

▽前日
レンタカーによるアプローチ。道中に恋人の聖地と書かれたトイレを発見!トイレで何をしようってんでしょうね。
そのまま捨て寝。そこそこ標高があり星がきれいに見えたのはいいが、寒い寒い寒い。
恋人の聖地

▽1日目(午前)
朝日岳、三本槍岳、茶臼岳と流れるようにピークをとった。そもそも今回が超ゆるふわなので誰かがへばったりなどは起こらなかった。しかし今回が初山行である池田が普通に歩いている。自分が新歓山行の時は足が痛いなどでかなり苦しかった思い出があるので、池田の適応力には感服である。
朝日岳ではなぜか太陽を拝むという謎の行為が流行った。山頂について気分がよくなったのか、またまた晴れていてテンションが上がったのか。本当に謎である。
太陽神崇拝
三本槍岳ではやわらぎをした。以上!
茶臼岳で記念撮影パシャリ!
那須岳集合写真

▽1日目(午後)
夕飯は焼肉おでん混ぜ込みご飯。夕食後、温泉行って卓球して、テン場(キャンプ場)に帰ってきたら差し入れの花火!
素晴らしい1日となった。

▽まとめ
午前の山行より下山後の記憶のが鮮明なのは自分だけではないはず。
タグ :

東黒沢ナルミズ沢2017.9.4-5

 2017-09-07
筆:平田
CL:柴田 SL・気象:平田 装備・食当:山田 医療:益田

▽0日目
【部室集合(18:30)→交通機関→登山口(23:00)】

鈍行列車に4時間揺られ、谷川岳のふもとにある土合駅に夜9時ごろについた。下り線の土合駅ホームは地下70メートルにあり、460段の階段を登らされる。ご褒美である。
駅舎は快適そのもので、特筆すべきはトイレである。新築である。エアコンもついている。初めてトイレに住みたいと思った。出口には鳥のフンがこびりついていて、見上げると柱の隙間からツバメの尻尾が3つ見えた。

▽1日目
【起床(6:00)…(6:30)…山頂①(9:30)…山頂②(10:40)…山頂③(11:40)…下山地点(13:40)】
… 徒歩移動
→ 交通機関での移動

東黒沢を遡行し、ウツボギ沢を下降するという行程だった。正直な話、天気も良くないし、ウツボギ沢の下降で数回ドボンしたのであんまり覚えていない。人間、悪いことは忘れなければ生きていけないので。

核心のハナゲの滝は途中まで滝を登り、右岸(左壁)の巻き道を登った。その後釜も何か所かあったが、寒くて飛び込んでいない。ウォータースライダーがあったのは記憶にある。やっぱり楽しかった。そのうちに藪漕ぎへ。コル付近では目印のテープがあったが、明確な踏み跡はなかった。その後下ると、沢が現れた。沢の下降は思っていた以上に難しくて、何度も足を踏み外した。二回、こけて尻を打ち、尻が裂けそうになった。リーダー、一本満足バーありがとう。

宝川を遡上し大石沢出合に到着。これが大石沢出合という確信が持てず、やはり地図を開いた。出合にテント1つ分張れるところがある。しかし、傾斜がある。なにより斜面だから上からの落石が怖い。沢にも近いから増水も怖い。

出合を過ぎナルミズ沢を少し歩くと、3つ張れるところがある。それらのうち、一番出合に近いところで荷を解いた。今回の山行で、初めてタープを張った。秘密基地みたいで超ワクワクした。この日のテンションのピークはここらへんであった。たき火をして、ジャガイモと余っていたニンニクを焼いた。ニンニクが予想以上に旨くてびっくりした。夜飯はステーキだった。パック1700円で、下界の私であったらまず買えない代物であった。あほみたいに柔らかくって超うまかった。

夜、目が覚めた。明るくて朝かと思った。時計を見ると午後10時であった。空を見ると雲一つない夜空に月が浮かんでいた。月が明るさに星の光が負けていた。

▽1日目
【起床(6:00)…(6:30)…山頂①(9:30)…山頂②(10:40)…山頂③(11:40)…下山地点(13:40)】
… 徒歩移動
→ 交通機関での移動

朝飯はパンにソーセージを挟んで食った。シャウエッセンを使ったので超絶旨かった。下界の俺はこんなもん買えない。

朝は快晴だった。ナメも多いし、小滝もちょいちょい出てくる。ヘツリもたくさんあったりと、楽しい。途中、メンバーの一人が足をケガした。結構痛かったと思うが、よく最後まで歩いたと思います。

魚止メ滝は右にまきみちがあったので巻いた。

その後に6mくらい(ガバ目測)の滝が現れた。自分は直登不可能と思った。右に明瞭な踏み痕があるのでそれを使って巻いた。笹藪をトラバースした。笹で滑りそうで怖かった。ここはロープが必要だったと、後でみんな反省していた。

その後はなんともなく、詰めあがる。草原が広がっていて気持ちよかった。

下山は5時間かかった。誰かは沢登りと縦走、両方できてうれしそうだったが、私は鬱になった。

▽まとめ
分岐のたびに地形図を開いた。おかげで無事に完遂できた。
タグ :

8/24〜29 北アルプス 鈴木P夏合宿

 2017-09-07
メンバー
CL:鈴木(B3)、SL:梅田(B3)、中山(B3)、上野(B2)、石川(B1)
筆:鈴木

行動記録
8/23
大岡山…新宿…富山

前線が南下している。大気が不安定だ。どうやら山本Pは翌日撤退するらしい。そんな中鈴木Pは入山日を迎えることとなった。中止にするか、停滞するか。胃が痛い。こういうのはどうも苦手である。話し合いの末、折立の登山口のキャンプ場で天候回復まで停滞することとなった。この時点でCLのメンタルはブレイク済みである。本当に行きたくなかった。験担ぎに(?)とんかつを食べ、鬱々とした気持ちで夜行バスに乗り込む。

8/24
富山…折立

富山で折立直通のバスを待っている間に差し入れのゼクシィを消費してしまおうということになった。ゼクシィはかなり(愛が)重かった。結婚雑誌を読める滅多にない機会だったが我々の結婚意識向上は見込めず、ただヘイトが溜まるだけだった。ガコッというらしからぬ音とともにゴミ箱に葬った。

折立は快晴だったが翌日雷雨予報が出ていたため入山は控えることに。差し入れ消費や読書で時間を潰した。バカンスか。
17_suzu_01
>大量の差し入れ。先輩方、部員の皆ありがとう。遊べそうなものはこの時点で遊んだ。

17_suzu_02
>青空文庫

晩飯は予定通り牛丼を食べ、就寝。

8/25
折立にて停滞

午前中は停滞し午後から行動するつもりだったが、「よし、行くか」と声をかけた瞬間に雷がなったため、本日も停滞となった。この日は豪雨だったため昨日ほどくつろぐことはできなかった。富山県では警報が出るほど雨が降っていたらしい。この豪雨雷雨の中入山して行った人たちは無事だろうか。そろそろ山に入りたい。

8/26
折立7:30…三角点9:00…太郎平小屋10:50…薬師峠キャンプ場

2日も停滞したので日の出前から入山したかったが、この日の朝も豪雨、雷の予報とのことで朝は普通に寝た。雨が止み始めた6時ごろ起床し、7:30にようやく入山した。
17_suzu_03
>待ちに待った入山である。

2日間停滞した甲斐あって快晴である。皆入山したくてウズウズしていたのか、いいペースで登ることができた。しかし折立の登山道はしっかりと整備されていて歩きやすい。
17_suzu_04
>太郎平小屋から薬師峠キャンプ場へ。

晴れの山を堪能していると、薬師峠キャンプ場に着いていた。翌日頑張るために薬師ピストンは諦め、すでに濡れているシュラフやテントを干したり晩飯のキムチ鍋を作る。
突如始まった「彼女とやりたいことしりとり」で、上野が「リップサービス」と言っていた。彼女ができたら存分にしてくれ。
翌日、三俣山荘から鷲羽水晶ピストンをするため早めに就寝。

8/27
薬師峠キャンプ場1:50…太郎平小屋2:20…北ノ俣岳3:40…黒部五郎岳6:40-7:45…黒部五郎小屋9:50…三俣山荘12:00…鷲羽岳14:05…三俣山荘3:10

朝をお雑煮にし本気で支度をしたところ50分で準備ができた。トレ山では朝急いだことがなかったのだがやればできるものだ。真夜中の行動だったため、頭上では星が輝いている。ヘツデン行動も悪くないが、あまり楽しくないことに3年になってようやく気づいた。
17_suzu_05
>満天の星空。中山のカメラは素晴らしい。

次第に北アルプスの美しい山容が色づいてきた。山にいると太陽の存在を非常に大きく感じる。距離が近いからとかではなく、精神的に。
17_suzu_06
>黒部五郎岳への道の途中、太郎平を振り返る。なだらかな稜線が広がっていた。

黒部五郎岳の山頂は絶景だった。薬師岳と槍ヶ岳までの距離を比べるとまだ少ししか進んでいないことがわかる。
17_suzu_07
>気持ちの良い晴れピーク

山頂から黒部五郎小屋までの道は非常に美しく、まるでゲームの世界のようであった。だが地味に長く小屋に着いた時は皆疲れており、太陽が出すぎててもダメだねなどと贅沢を言っていた。
17_suzu_08
>やわらぎ。お昼ご飯を食べたかった。棒ラーメン持ってくれば...。

小屋から結構登り、三俣山荘を目指す。すれ違う人がみんな話しかけてくれた。みんな久々に晴れて嬉しいのだろう。気合いで三俣山荘に着いたが、さすがに水晶ピストンをする時間は残されていなかった。それはそうだ。

元気が残っていた3人で鷲羽岳をピストンすることにしたのだが、ここで一年の石川にトップを任せたのが間違いであった。石川はどうやらかっ飛ばしたいタイプのようで、息を切らしながらコースタイムの半分で鷲羽岳を駆け上がった。強い子だ。
鷲羽からの景色も素晴らしく、晴れた日の山の素晴らしさを感じるとともにもはや合宿に満足している自分がいた。それくらい素晴らしかった。こういう瞬間のために山に登っているのかと気付かされる。
17_suzu_09
>鷲羽山頂にて。鷲羽池が綺麗だった。

下山は中山のペースで走って下り、こちらもコースタイムの半分くらいでテン場にたどり着いた。

その後晩飯を作ったのだが、ここで害悪3年ズに煽られた石川氏が鍋をファイアーし、鍋底がこそぎどころではない状態になるという事件が勃発。鍋から煙が吹き出す様子はかなり面白かったが、どうやら笑っている場合じゃなかったようだ。頑張って焦げをとる石川の背中が悲しげであった。すまんな。あれは先輩のせいだと思う。下界で磨けば使えそうなくらいには落ちたが、山の上では使えなさそうだった。梅田の大コッヘルでどうにかなるだろうということで寝た。


8/28
三俣山荘4:15…三俣蓮華岳5:15…双六小屋7:30-8:00…槍ヶ岳山荘12:00…殺生ヒュッテ

三俣山荘を日の出前に出発し、三俣蓮華岳へ。そのまま双六岳を取り、双六小屋へ向かう。裏銀座や黒部五郎あたりから縦走をするとずっと槍ヶ岳を眺めながら歩けるので非常に面白い。槍を目指す一行の写真を撮るべく奮闘していた。

17_suzu_10
>槍へ

17_suzu_11
>槍へPart2

双六小屋から西鎌尾根を通り槍ヶ岳を目指す。稜線上は風が強くバランスを崩しそうになることもあった。幸い西鎌尾根の鎖場や痩せ尾根はそこまで危険ではなかったため、無事越えられた。ただこの強風の中、東鎌尾根を通過するのは非常に怖そうである。槍ヶ岳頂上付近からガスっていき、視界がほとんどない中槍ヶ岳山荘に到着した。かなり寒かったため長めの休憩を取りつつ翌日の行動について話したり槍へのアタックチャンスを伺っていた。ヤマテンによると明日は今日以上の風とガス、昼前から雨という予報であった。週間天気も次第に崩れる予報であり、予備日の余裕もない我々は槍沢下山を選択することに。浮いた晩飯分のソーセージを食べたり、槍ヶ岳山荘のライブカメラで記念撮影をしたりしてアタックチャンスを待つ。
17_suzu_14
>ライブカメラで記念撮影

ところどころガスは切れ、槍の頂上が見えるのだがすぐガスってしまう。きりがないため登ることに。ツアーの後ろについてしまい、終始行列だった。
17_suzu_12
>長蛇の列だ...。どうやら前日イモトアヤコが槍ヶ岳に登っていたらしい。

17_suzu_13
>ガスが晴れていたらもっと高度感があったのだろう。北鎌は頭がおかしいと思った(褒め言葉)。

17_suzu_15
>殺生ヒュッテへ

下山と決まったためやりたい放題である。乾燥野菜を全部ぶち込んだカレーは2Lの水を全て吸収し、まるでドライカレーのようであった。量は多かったが味は美味しかった。最後の晩餐ということで話題は来年の合宿に。石川はこのくらいの日数がちょうどいいですと言っていたが、強い子なのでぜひ来年はきついのに挑戦してほしい。昨年なかなかきついのを経験した鈴木と中山は今回の合宿中終始楽しめた気がする。上野はとりあえず目先の合同山行を頑張ってほしい。あ、この日梅田の誕生日であったが何も準備していなかったすまんな。

8/29
殺生ヒュッテ4:15…槍沢ヒュッテ6:35…上高地11:05

下山である。朝の時点で殺生ヒュッテ付近はガスっていて、夜はトイレに行こうとしたら遭難しかけるほどだったという。ちゃっちゃか下りる。振り返ると山頂付近に暗雲が立ち込めており下山してよかったと思わせてくれた。
17_suzu_16
>山頂が見えない。

上高地までの道のりは長く、槍沢で槍には登りたくないなと思った。途中で出くわした女子大生登山集団に計3回くらい挨拶をしたり途中から増え始めた下界人全員に挨拶をしたりと暇を潰しながら歩き、上高地に到着した。つらい下山ではなかったが如何せん長かった。途中で雨がポツポツ降ってきたが、何とか逃げ切ることができ、上高地は晴天であった。山にいた日数は決して多くないが、満足度の高い山行であったように思う。
17_suzu_17
>晴れ渡る上高地。観光客で賑わっていた。

上高地で温泉に入り、松本へ。いい時間のバスが取れなかったため、松本の昼間からやっている焼肉屋「小波」というところへ。早い時間からやっているところを適当に選んだが、アットホームでおばあちゃんが優しく、お肉も美味しかった。レビューで星5をつけてあげたい。
17_suzu_18
>打ち上げの様子

まとめ
前線南下により雷雨という警報を見たとき中止にしてやろうかと思ったが、中止にしなくて本当に良かった。立山入山ができなかったり、雲の平に行けなかったり、燕に行けなかったりと当初の予定とはまるっきり違う行程となったが、個人的には満足である。ただ、上野と特に石川にもっと色々教えられなかったのが心残りである。来年は頑張ってほしい。お疲れ様でした。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫