FC2ブログ

チャリワン房総半島 11/21,22

 2015-11-22
筆:梅田
CL:神宮司(B3) 夏目(B3) 梅田(B1) 武山(B1) 矢部(ゲスト)

11/21【安房鴨川駅(21:30)→千倉大橋公園(23:25)】
11/22【千倉大橋公園(7:30)→野島崎灯台(7:55-8:15)→道の駅とみやま→金谷港(11:10-13:10)→富津岬(14:25-50)→青堀駅(15:10)】

▽1日目(11/21)
当日は安房鴨川駅21:03着の列車で集合だった。が、私は思い切りスルーし、東京湾フェリーで向かうことにした。金谷港から安房鴨川まで2時間弱かけて半島を横断して、交通費を1000円ほどケチろうとしただけである。おかげで安房鴨川駅には早く着いてしまった。途中で"その他の危険"の標識が連続して現れ興奮していたのはヒミツ。

21時3分、予定通り他のメンバーが到着する。武山は初めての輪行だったらしく、組み立てに苦戦していた。夏目さんのリアディレイラーの調子が悪かったが、諦めて21時半に出発。しばらくすると、海を見ながら走れる快走路が続く。22:10、セブン安房和田町南三原店に到着し、10分ほど休止。エムズさんとかいう、どう見てもサザ◯さんな看板があったが、気にせず出発。
s_IMG_1787.jpg

途中国道128号から県道297号に入ったところでパトカーに抜かされる。ほどなくして武山の前照灯の電池が切れる。私は腹痛に襲われ、お腹をさすりながら必死に漕いだ。セブン安房千倉店にて夕飯の購入を兼ねて30分ほど休憩。武山の前照灯も充電し復活した。出発してしばらくするとまたパトカーに抜かされた。何かあったのだろうか。とりあえず武山が無灯火で怒られず良かった。

23:25、南房千倉大橋公園に到着。草地や椅子があり、テン場としては最高の公園だった。テントを張るやいなや、宴会が始まった。途中で矢部さんが行方をくらましたり、神宮司さんが踊ったり、神宮司さんがチャリでトイレに突っ込んでトイレ中のオジサンに睨まれたり、怖そうな車が集まってきたりと色々あったが、怪我人は出なかった。1時頃就寝。4テンに5人入ったからか、シュラフがいらないくらいには暑かった。


▽2日目(11/22)
7時起床。朝ごはんを買うためにササッとテントをたたみ出発。
s_IMG_1788.jpg

昨晩特に見ずに終わった千倉大橋を渡る。別に公園にする必要が感じられないような普通の橋だった。最初の目的地はコンビニ。そこで朝ごはんを買って野島崎灯台で食べる予定だった。が、チェーン店でもない田舎のコンビニを甘く見てはいけなかった。電気の点いていないコンビニを眺め、渋々野島崎灯台に向かう。
s_IMG_1791.jpg

7:55に野島崎灯台到着し、夏目さんや武山とクライミングごっこをして30分くらい遊んだ。普通に楽しい。流石にお腹が減ったので最寄りのセブンに行き、朝食をとる。40分ほど休憩し、9:05に出発。

房総のあまりアップダウンの多くない道を快適に進む。伊豆や山陰では嫌というほど登らせて嫌というほど下らされたが、房総では少し登って疲れる前に下りになるという絶妙なバランスを保っていた。走りやすいことこの上ない。途中道の駅とみやまで休憩を取るが、何の変哲もない道の駅だった。

そして11:10、懐かしの金谷港に到着した。多分私だけ達成感に満ち溢れていただろう。南房を一周すれば十分じゃないか、フェリーで帰りたいななどと思っていたが、まだ目的地は先だった。まだお昼前だったが、周辺の店はどこも行列だった。海鮮食べ放題も寿司屋もダメ。ガストはあり得ない。仕方なく少し走ったところにある金谷という店に入った。海鮮美味しい。

金谷の町で2時間ほど時間を浪費し、富津岬目指して出発。途中から武山が先頭を走るも、元気な武山は速かった。何で元気なんだろう。少しは疲れた表情をしてほしいものである。富津岬の近くに屋内プールがあったが、海パンを一番下に履いて泳ぐ気満々だった武山はプールには行かなかった。

結局富津岬に着いたのは14:25。ウィンドサーフィンを楽しむ人が大勢いてリア充していた。富津岬の先端には怪しげな建造物があり、強風で揺れていたが一番上まで登ってみると、富津岬の尖り具合がよくわかった。それだけ。あとは寒いだけだった。夏目さんは半袖で暑そうにしていた。
s_IMG_1798.jpg

残りは青堀駅までの消化試合となったが、元気な少年武山君は漕ぎ足りなさそうな顔で、東京まで漕ぐとか千葉まで漕ぐとか言っていた。聞くだけでこっちが疲れるからやめてほしい。あと少しは疲れてほしい。富津岬から青堀駅までは20分ほどで着いた。次の電車の時刻を確認し、元気な少年も輪行の準備に取り掛かる。7分後、間に合うわけもなく電車は行ってしまった。
その後1時間電車を待ち、思い思いのルートで帰宅した。


▽まとめ
自転車もゆるふわの方が楽である。コンタクトとメガネを両方忘れたのは少し痛かった。
スポンサーサイト



タグ :

1年ワン両神山 15/11/7~8

 2015-11-07
筆:大森(B1)

CL:大森 SL:柴田 武山 田中 中山 中沢
11/7
11:50 小倉 12:00 - 12:30 日向大谷口12:40 - 13:20 八海山 13:30 - 14:25 清滝小屋(1泊)
11/8
05:20 清滝小屋 - 06:10 両神神社 06:15 - 06:40 両神山 06:55 - 0805 清滝小屋 08:20 - 9:30 日向大谷 9:55 - 10:20小倉

この1年ワンは本来那須岳に行く予定だったが11月で装備の不十分な1年だけで行くには寒いということになり両神山に行くこととなった。

土曜日の朝、各自の自宅から出発。池袋で田中以外集まるはずが、中沢が見当たらないので焦ったけども予定通りに来たから問題ナシ。そんなこんなで三峰口まで電車に揺られる。三峰口で田中と合流。秩父鉄道で一本の人はやはり近い。三峰口からは町営バスに乗るのだが、日向大谷の手前で9月に土砂崩れがあったということで、一つ手前の小倉で下車。バス停一つ分歩く。日向大谷で両神山荘の小屋の人に許可をもらって水を汲んでから山行開始した。

 初日は日向大谷から清滝小屋までたったの2時間というコースタイム。のはずだが、2時間の割には疲れた。最初の30分は山肌をあまり高度あげずに歩き、途中からは沢沿いの道を歩いて清滝小屋まで向かうのだが、昼スタートだったことと湿度が高かったことで結構汗がでた。

 そして清滝小屋に到着して中沢に教えながらテントを立てる。そしてテントを立て終わって大量の差し入れ開封タイム。なのだが差し入れの内容が成人向け漫画だったり、ザクロジュースが謎のネタ被りするなどして一発ネタ大会になっていた。(もちろんもらってうれしい差し入れも多々あったが)。どうしてこうなった。

そして食事の準備。中沢に米炊きを教えつつしゃぶしゃぶにしたのだが、漫画に夢中になって作業の進捗がはかどらない人間が発生したり、差し入れの消化が大変だったりして、15時くらいに始めたのに19時くらいまでかかった。そもそもしゃぶしゃぶが時間がかかるような気もするが、まあこれくらい気楽な山行でやる分には楽しい。その間に大学生と思しきグループもいたが、どこの人たちなのかも聞きそびれた。そして4時起き5時発と決めて9時前ごろに就寝。寝袋についてはあえて触れない。

 翌日は中双里に向かう予定だったので、テントを撤収して出発。11月なこともあってまだ日は上がっておらず、霧かかっていたこともあってか暗かった。道迷いに気をつけながらも5時頃に清滝小屋を出るとすぐに、山頂方向から降りてくる前日の大学生パーティーと遭遇した。彼らは闇夜の中、山頂まで登って景色も見ずに降りてきたとでもいうのだろうか?まったくもって意味不明だった。

清滝小屋からは沢から離れ、稜線に出るように登っていく。稜線に出たのち両神神社で一本をとる。雨が降り始めたので雨具を付け始めた。そうしてまた小一時間程歩いて山頂に到着した。山頂で三本ほどとる予定だったが雨脚が強くなり、寒かったのでその半分で下山。中双里に向かう予定だったが、白井差口と白井差峠を勘違いしたことでルートに自信が持てなくなったことと、雨風が強く結構寒かったので稜線を歩く気分にもならず、元の日向大谷に下山することにした。

 下山に際して特に大きな問題は起こらず。途中、清滝小屋と沢の入り口付近で一本をとった。日向大谷に戻り小倉まで歩くとちょうどバスが来ていたので、それに乗った。いざ山行が終わってみると、皆2日間の割には疲れていたようだった。中沢は(忘年ワンを除けば)初めての山行だったし、寒い割に湿度が高くて疲れやすかったというのもあるだろう。大森柴田武山中山は温泉により、田中中沢は直接帰った。

天候はそこまで悪くはなかったが、11月だったので結構寒いと感じた。紅葉も過ぎて夏山シーズンの終わりを感じる山行だったと思う。
タグ :

湯河原幕岩 11/1

 2015-11-01
筆:飯田
メンバー:飯田(B3),橋本(B2),益田(B2),柴田(B1),梅田(B1)
日程:2015/11/1

日帰りで幕岩に行ってきました。当日は天気もよくたくさんのクライマーで賑わっており、茅ヶ崎ロックの各ルートはトップロープですだれ状態。落石のほかヘルメット、クロックス(!)が上から落下してきました。フリーの岩場でも落下物への配慮は充分するべきですね。


サンセット、フック船長、アブラカタブラとか登って終了。
今年はもうちょっと真面目にフリーに取り組みたいなぁ。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫