FC2ブログ

年越し瑞牆山・金峰山 2013/12/31-2014/01/01

 2014-01-02
筆:八木(B2)
メンバー:単独

12/31【9:25韮崎~10:50瑞牆山荘…11:40富士見平小屋、テント設営12:30…14:03瑞牆山山頂14:32…15:14富士見平小屋】
1/1【6:20富士見平小屋…7:00大日小屋…7:30大日岩…9:22金峰山山頂9:43…10:33大日岩…11:17富士見平小屋11:55…12:18瑞牆山荘】

明けましておめでとうございます。今年もワンダーフォーゲル部をよろしくお願いいたします。
今年はかねての念願だった年越し登山を行ってきました。

◆1日目(12/31)
年末年始はかなり営業小屋は限られてくる中、燕だ西穂独標だと考えを巡らせて最終的に候補として挙がったのが金峰瑞牆。一度も行ったことないしちょうどいいやと決定。久しぶりの中央本線に揺られて韮崎を目指す。先日年越しそばを調達し忘れたのでたまたまあった駅前のそば屋で年越しそばセット的なものを衝動買いする。

年末年始には夏期と同じく瑞牆山荘までバスが通っているのでバスを使うが、ぐいぐい標高を上げていくだけあって長い。韮崎~増冨温泉間のバスが学生割引で片道100円の大サービス。ありがたく使わせてもらう。

初日は昼前行動開始とあって瑞牆ピストンのみ。単独行なのでマイペースにじりじり進むと40分で富士見平小屋に。テント設営に例のごとく手間取ってしまった。小屋直下の水は冬ながらいまだ滾々と湧き出ており味も良い。水を汲みなおしてから瑞牆へ向かう。

個人的に雪をかぶった山はどこも美しくて飽きが来ない。瑞牆はそれに加え圧倒的な岩々が迎えてくれる。雪はやや気温高めとはいえ滑りやすかったが、いち早く山頂を見たいという思いが勝ってノーアイゼンでつるつる滑りながら登る。雪は積もっているというより岩肌に乗っているという状態で、後半の急登には参ったが1時間半で山頂に着いた。



登山道は樹が日光を遮って若干暗いほどだったのだが、山頂は見渡す限りの山々と照りつける太陽。明日向かう金峰山もはっきり見えて来てよかったと実感する。この時間に登ってくる人はもう居ないようで自分1人だけの山頂を思う存分楽しんでしまった。下山も快調で15時半前には小屋に戻った。

テン場には5~6張しか張られておらず、テン場の広さが妙に目立つ。いつも通り天気図を取って夕食を作り始める。今日は手抜きでアルファ米+タイカレー。普通に美味しい。さて紅白でも聞きながら年越しそばとワインでも楽しもうかと思ったところで小屋の方からこんばんは。振る舞い酒があるとのことでノコノコと小屋に向かった。



何しろ小屋に招かれるなど未だテント泊しかしていない自分には初めての経験で、ひどく恐縮する。このとき初めて知ったのだが、富士見平小屋はしばらく休業の状態が続き荒れ果てていたのを、2年半前からリニューアルして営業し始めたとのこと。小屋の入口は以前土間だったのをつい最近板の間に張り替えたばかりとのことで、我々は新しくなった小屋をほぼ初めて目撃した人になったらしい。ご主人のご厚意でお酒とつまみが、さらに居合わせたとある山岳会の方からおでんも頂いてしまって、意図せずしてご馳走に預かった。小屋の方の話は実に面白いと同時に、小屋荒らしなど山小屋の維持整備に付きまとう問題も垣間見た。こういう小屋にはぜひ営業を続けてほしいと感じた夜であった。

◆2日目(1/1)
初日の出を見る気は全くなかったので5時にもそもそと起きだす。昨日食べそびれた年越しちゃったそばを朝食にして荷造り、出発。やはり1人だとどこか心細く、日の出前の山道は正直おっかなかった。

1時間ほどで大日岩到着。とりあえず高いところを見ると登りたいと思うのは山屋特有のもので、上に登れないか模索する。ところが岩の辺りは猛烈な風が吹いていて飛んでくる雪の粉が顔面にあたって痛い、そして寒い。見たところ不可能ではなさそうだったが無理をして落ちるわけにもいかないので岩陰で休憩後引き返す。ところがそこで帽子を飛ばしてしまったことにあとで気づき、半ばあきらめ気味で後で探しに行くことにする。

大日岩を過ぎると地味な樹林帯が暫く続く。少し迷ったら道を見失いそうだがばっちりトレースもついていて迷いようがない。森林限界の手前でアイゼンピッケルに持ち替えて尾根に出た。



森林限界を超えるとごつごつした岩と白く雪をかぶった稜線が見えてとても美しい。頂上だけは黒いガスに覆われているが気分は「そうそう、これが見たかったんだ」といったところ。歩いていてとても楽しい。ポツンポツンと登山者はいるが人気も適度に少ないのは夏と比べて本当に良いと思うところだ。



気分よく9時半ころには山頂に到着。昨日歩いた瑞牆山方面や本来この山域の目玉であったという小川山も見える。残念ながら富士山はガスってて見えなかったがそんなことは重要ではない。素晴らしい年明けを迎えられた実感でいっぱいであった。


名残惜しくも山頂を離れ、あとはたったか下るだけ。森林限界以下はアイゼンを付けずに滑るように降りる。これがスキーのようで地味な下山に一つの彩りを添えてくれる(気がする)。あきらめ気味で向かった大日岩、吹き溜まりに帽子が埋まっているのを発見して狂喜する。実に運がいい。富士見平小屋まで1時間半、そこから瑞牆山荘まで20分のスピード下山だった。途中鹿が3頭跳ね回っているのを発見、ガン見される。彼らはこの時期どうやって生活しているんだろうか。

あとは帰宅するのみだが、これがバスや電車の接続のせいでうんざりするほど長く、昼過ぎに下りたはずなのに自宅に帰りついたのは20時を回ったころであった。アプローチが便利なことに越したことはないが、ちょっとばかし不便なくらいが山としては楽しめるのかな、とも思った。

◆まとめ
年越し登山、天気も良く最高の山行だった。ただ単独行は気楽ながら一定の危険も内包しているので、次行くとしたら仲間もつれてきても良いかもしれない。どんなに楽しくても冬山は冬山だ。
スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫