FC2ブログ

忘年ワン 2013/10/25~27

 2013-10-28
筆:岡田(B1)
出走:飯田(B1) 井上(B1) 岡田(B1) 神宮寺(B1) 夏目(B1) 西脇(B1) 野口(B1) 大田口(B2)※再履

説明しよう。忘年ワンとは、仲間が負傷した時に、一人で助けを呼びに行くための訓練であり、東工大ワンダーホーゲル部に伝統的に伝わる部員なら必ず参加するイベントである。本来は1年生だけのレースであったが、去年大田口先輩が不参加であったため一緒に歩く事となった。今回は河口湖から東工大小屋まで60km弱を20時スタートで歩くのだが、なにやら先輩方我々の順位を予想し、我々を馬のような扱いをしている。後々に聞いた話だが筆者の入賞を予想した先輩は一人もいなかった。

本来は、25日の夜に走り始める予定であったが、残念な事に台風が直撃したために走るのは次の日にもちこされ、東工大小屋に行き、本来はレース後に行うはずであった鍋パーティーが行われた。26日には、20時に走り始めであるために、午後まで寝るという自堕落な土曜日の午前であった。

忘年ワン 2
自堕落な生活の一例

26日の20時に河口湖に集合、お茶と少しの個食を持ち予定とはすこし遅れて20時37分に出発した。筆者の戦法としては、少し走りその後歩き息を整えまた走るという事を繰り返すことにした。第一チェックポイントまでの道のりは短く河口湖から御坂峠入り口までであり、1時間もかからず到着した。そこで先輩方の車があり、差し入れとして饅頭をもらった。このときは途中で大田口先輩が道に迷ったために筆者が1着であったが、第一チェックポイントで大田口先輩と合流し、追い越された。
次の第二チェックポイントは御坂峠を出た場所であるが、この御坂峠が曲者であり、地図上では短く見えたのだが、かなり入り組んでいたために予想以上に時間がかかった。電気が一切なく自分のヘッドランプのみが唯一の明かりであり、途中にあったトンネルがどうしようもなく不気味な不陰気を出してあったため、廃墟好きの私にはとてもテンションがあがった。第二チェックポイントでの差し入れはクッキーであった。このころになると走り方をかえて下りの坂道では走りそれ以外では歩くという戦法に変化していた。
その後、閑散とした町並みをたのしみつつ第三チェックポイントまでないも問題なく到着した。問題がおきたのは、第四チェックポイントまでの道のりであった。その時間になってくると、だんだん足の疲れが表れ始め、一度休憩をいれる事にした。不思議な事に一度休憩を入れてしまうと、体が休憩を求めてしまい、数メートル歩くたびに休憩がほしくなり、5分歩いては5分休憩をとりまた5分歩くというのを続けてしまった。そして、ついに心がおれて、横になってしまった。このときすでにあたりがあかるくなってきていた。さすがにこのままでは、いかんと思い、しばらく歩き続ける事にした。歩き始めは、すぐにでも休憩を取りたいと考えていたが、しばらくあるきつづけると、体はまだまだ動き体の限界など程遠いいということにきづき、根をあげていたのは体ではなく心であるという今まで理解する事のできなかった体育会系の心の一端にふれることが出来た。この頃になるともう走る事はせず黙々と歩きつづけた。
柳沢峠に着いた頃には、日も昇りさらに筆者の心をあせらせる。途中休憩をおくいれてしまったため、後ろに人が来ていないかが気になり始める。柳沢峠は本来人が歩くようには設計されていないため、時々来る車におびえながらあるいていると、明らかに法定速度オーバーしたスポーツカーがやってきて、アスファルトにタイヤの焦げた臭いをすりつけていてった。しばらくすると、ゴールが見えてきた。すると足の痛みなど忘れ、足取りがかるくなり、走る事ができた。
忘年ワン 3
ゴール時の筆者


以下順位
1位 大田口 11時間30分
2位 岡田(筆者) 11時間37分
3位 野口 11時間46分
4位 井上 12時間03分
5位 飯田 12時間51分
5位 夏目 同率
7位 西脇 12時間52分
8位 神宮寺 14時間53分
忘年ワン 1



大田口先輩は、再履修のため筆者が繰上げ1位という名誉にあずかった。
筆者の今までの記録から、先輩方は誰も筆者が優勝するとは考えて折らず、1位どころか3位にまで筆者の名前を予想した人はいなかった。
その後小屋に戻り、しばし休眠をとることにした。全員がそろったところで、結果発表を行い、1位の筆者には、エアーマットが送られた。今後の山行で快適な睡眠がとれそうだ。本来ならこの後に、鍋パーティーを行う予定であったが、前日に行ってしまったので、温泉に入り、帰路につく事にした。
多くの一年生が焼肉を食べに行ったらしいが、次の日に実験のレポートを提出しなければいけなかったので、一人電車に乗り込み、レポートをしあげるのであった。
スポンサーサイト



タグ :

雲取山・長沢背稜 2013/09/29-30

 2013-10-01
筆:八木(B2)
CL:八木(B2) SL:大田口(B2)

9/29【東日原…稲村岩尾根…鷹ノ巣山…七つ石山…雲取山…雲取山荘(テント泊)】
9/30【雲取山荘…長沢山…酉谷山…天目山…東日原】

大学2年目の夏休みももう終わり。手軽な奥多摩でも一度行きたいと思っていた長沢背稜を歩いてきました。

◆1日目
最近のマイブームは車山行。今回も朝車を走らせて大田口をピックアップ、東日原へ。駐車場が空いていなかったらどうしようかと思っていたが杞憂に終わる。天気もよい。


>稲村岩が見える

行きもマニアックなところから行こうということで稲村岩尾根を登る。ところがこの尾根がなかなか曲者で登っても登っても終わりが見えない。前後を行く登山者もどういうわけか皆登るのが早い。夏合宿と比較して体力の衰えを痛感しながら鷹ノ巣山に登頂。いつもながらよいピークだ。


>鷹ノ巣山とりんご

ただ奥多摩を歩いても面白くないだろうということで今回のコンセプトは「豪華な食事」。早速荷揚げしたりんごとフルーツ缶をいただく。それでも1泊2日とは思えないほどザックが膨れ上がっている。天気も良いので例のごとく鷹ノ巣のピークでずいぶんゆっくりしてしまった。今回の目的地は雲取山荘なので先を急ぐ。日曜とあって奥多摩小屋はテント1つ張られていない不思議な光景だった。

どういうわけか雲取山に着くころには16時近くになってしまい、今回雲取のピークはスルー。雲取山荘のテン場は1人300円で良心的だった。9月末とあってさすがに少し肌寒い。


>初雲取山荘


>すき焼きとビール!!

夕食も豪勢に生卵持参のすき焼き。しかし量が多すぎて轟沈。残りは翌朝に回す。2人とも疲れがたまっていたようであっさり眠りに落ちた。

◆2日目
起きると太陽はすでにずいぶん高いところにいる。どうやらかなり寝坊したらしい。そもそもの計画が計画なので良しということにする。冬は引き締めなおさねば。

朝食にすき焼きの残り+鶏肉入りのうどんをほおばって出発。

暫く歩くと長沢背稜への入り口、芋ノ木ドッケへ着く。地形図上ではなぜか芋木ノドッケとなっているが前者が正解のようだ。入った先には倒木、倒木、倒木。登山道はどこへやら、といった感じである。


>倒木祭り

テープも申し訳程度に張ってはあるがなぜか地面にほど近いので、冬季雪が積もったらルートを見失いそうな感じ。ただメジャールートとは違った感じで楽しい。そして人が全くいない。結局この日であった登山者はおじさん2人組と単独行の女性だけだったように思う。

それにしてもこの稜線、ひたすら長い。寝坊したので急ぎ足だったのだが結局最後のピークの天目山に着いたのは13時を回ったころだった。


>裏側から石尾根を見ることができる天目山ピーク

天目山は他のピークと違いかなり開けていて、普段見ることのできない北側からの眺めが最高だった。あとは下りだけと油断してまただらだら休憩してしまう。鷹ノ巣と同じような魅力あるピークなので一度行ってみることをお勧めしたい。

あとはひたすら下山。途中「ガサガサッ」という物音がして僕はフリーズしていたのだが、先頭の大田口がどうやら小熊のようなものを見たらしい。やはり奥多摩、いるところに熊はいるようだ。少しビビリながらも無事東日原に下山し、帰途に着いた。

◆まとめ
奥多摩の裏道散歩、距離こそ長いものの山道歩きの良さを味わえるよいルートでした。トレ山と比べてしまうと気のゆるみが前面に出てしまっていたことは事実ですが、そこは場に応じて調節していきたい所。ウインターシーズンが楽しみです。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫