FC2ブログ

日帰り山行:両神山薄川ルート 2011/6/5

 2011-06-12
筆:武藤(B3)

あいかわらず大学が夏期計画停電を見越して土曜日=平日仕様なので、山中泊山行ができず。しかたないね。
というわけで今年度二度目の山行は両神山薄川ルート、日帰りピストン。メンバーは僕と大久保君、尾高君、吉田君。夜発でも朝発でもバスの始発は変わらないっぽいので朝発。


▽0日目
【大岡山】
あんまり必要ないなとは思いつつも、一応前日夜に装備点検。大久保君と尾高君は用事があるとのことだったので、残る吉田君に夕飯を奢る。初めてたんやに行きましたが大変おいしかったです。またいつか行こう。
その後は下宿に戻るともれなく始発に間に合わないので部室にて就寝。吉田君も同様。残る二人も用事を終えたのち部室で寝たとのこと。

▽1日目
【大岡山…西武秩父…(小鹿野町役場)・・・日向大谷口→両神山登山口→会所→清滝小屋→両神山剣が峰→清滝小屋→会所→両神山登山口→日向大谷口…(小鹿野町役場)…西武秩父…大岡山】

5時くらいに全員でのそのそ起きだす。
日帰りなのでずいぶん軽いザックを背負いつつ、長い長い電車旅。
西武秩父駅に着くとびっくりするほど人が多い。山行装備の人もたくさん。トイレもめちゃくちゃ込んでいて、水調達に苦労する。そこそこぎりぎりのタイミングでバスに乗り込む。途中小鹿野町役場で乗りかえをおこない登山口まで。

CA3E0028.jpg
>登山口にて

前回脚が釣ってしまい大ストップをかけてしまったので今回はスローペースで登っていく。ところで今回の山行テーマは読図習得。なので会所で最初の読図タイム。二股に分かれる極めてわかりやすい場所なのでまず間違えないだろうと笑いあいつつ答え合わせをすると大久保君がまさかの誤答。まあ大久保君は初山行であまり教えていないのでね、仕方ないか。

CA3E0029.jpg
>飛び込むポーズ、のつもり

しばらく進んで薄川に合流。来週はこういうところを登るんだぜと水に触ってもらう。「冷たい!」「飛び込めよww」などと盛り上がる。来週はあったかいといいね。
その登山道は川を何回か横切りつつ蛇行していく。急登に差し掛かったところでようやく薄川とはお別れ。聴こえてた水音が無くなってしまうとなんだか寂しくなりますよね。僕だけ?

CA3E0030.jpg
>ドヤ顔、というよりはただのよそ見みたいな感じ

ちなみに両神山は霊山として有名。岩山はやっぱり神聖視されやすいですよね。なので登山道には石像がちらほら。

CA3E0031.jpg
>水を汲むイケメン

弘法の井戸はちょっと登山道から外れているってどこかの山行記録で見た気がするのですが、普通に道の脇に湧いてました。井戸っていうよりただの湧水でしたが。水は問題ない量ありましたが、みんなで一口つつ飲む。湧水らしくとても冷たくておいしい。

弘法の井戸を過ぎてからもまた急登が続く続く。
このあたりで地形図と異なる地形に遭遇。ずっと左に下る斜面を登っていくはずなのですが、なんか尾根道っぽいところに出てしまう。神社のすぐ手前には似たような地形が書かれているのですが、まさかそんなところまで来ているわけでもなく。「あれー」とみんなで悩みつつ登る。

CA3E0032.jpg
>でっかい!

なかなか神社に辿りつかず、疲れる。途中大岩に遭遇。かっこいいので写真を撮る。再杖維持に大久保君が大岩の脇の祠が地図上の神社じゃないかと主張。「いやさすがにそれはないと思うよ」とみんなで反論。そんなこんなでわいやわいや。

コースタイムからは遅れてしまうもその後無事に神社を突破。あとは山頂までもう少し。元気を出して一気に山頂まで。そしてやっと登頂!!

CA3E0033.jpg
>ピーク!!!

CA3E0034.jpg
>獲ったどー!!

一息ついた後ピーク缶を開封。
今回のピーク缶は鈴木先輩提供。「食べられなくはないと思うよ」という不吉な言葉つき。
問題のブツの外装を剥ぐと『経腸栄養剤』の文字。ええええええ。
いちおう『(経口経管)バニラ味』とも印字されていますが、ええええええ。
しかも粉っぽいうえ甘ったるくてすげーまずい。みんな文句たらたらでなんとか飲み干す。まあ不味い差し入れも恒例ネタですよね。うん。

CA3E0035.jpg
>不味い、マジ不味い

その後バスの時刻が怪しかったので急いで降りる。
大パーティーが先行して下山していたため鎖場で停滞してしまうも、道を譲っていただいたりして快調に下りきる。惜しくも目的のバスは逃してしまうもひとつ遅いバスに乗って駅まで。乗り換えの小鹿野町役場からはタクシー使わなくちゃかなと覚悟していたものの、結局バスはあってほっと一息。ちょっと下調べが足りなかったかも。

下山が遅くなったせいで大岡山に着くともう22時。
手持ちが少なかったので鈴木先輩を召喚して一年生たちに締めとして夕飯をおごる。


▽まとめ
個人的にはまだトレーニングが足りず。コースタイムより遅いっていう残念性能は何とかしなくちゃね。しかしまあトップもとったし予定通りのコースを獲れたし、基本的には満足です。
今度は一年生+OBで沢山行! 今年もまた夏が来るね!
スポンサーサイト



タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫