FC2ブログ

東工大ワンダーフォーゲル部にようこそ!

 2037-01-01

東工大ワンダーフォーゲル部では、夏山縦走、沢登り、岩登り、冬山縦走、山スキー、自転車ツーリングなど多岐にわたるアウトドア活動を行っています!活動の自由さが魅力です。部室には自作のクライミングウォールもあります!
興味を持った人は第1食堂隣りサークル棟1A2階の部室までどうぞ!
メールはtsubakura2999あっとgmail.comまで。
Twitterもよろしくお願いします。
新入生の方はこちらへ!新歓用ホームページです!!!→東工大ワンゲル部新歓用

新歓チラシ2015新歓チラシ2015
(クリックで拡大)

↓以下から活動記録をご覧いただけます↓
2019年度山行一覧

5/12 丹沢歩荷
5/25~5/26 鳳凰三山
6/16 勘七の沢
6/22~6/23 八ヶ岳
7/6~7/7 尾瀬(至仏山・燧ケ岳)
7/20~7/21 金峰山・瑞牆山
8/10~8/11 八ヶ岳
8/12~8/18 北海道
8/20~8/29 北アルプス
9/7~9/14 東北
11/3 忘年ワン
2/16~2/18 雪上訓練谷川岳
3/19~3/21 雪山八ヶ岳

 
2018年度山行一覧
4/21~4/22 新歓山行雲取山 from 三峰
4/21~4/22 新歓山行雲取山 from 鴨沢
4/28~4/29 三つ峠
5/12 丹沢歩荷
5/27~5/28 トレ山@金峰瑞牆
6/9~6/10 トレ山@南八ヶ岳
6/9~6/10 トレ山@八ヶ岳
6/9~6/10 トレ山@大菩薩
6/9~6/10 トレ山@石鎚山
6/17 沢登り@葛葉川
6/23~6/24 トレ山@鳳凰三山
6/23~6/24 トレ山@那須岳
7/14~7/15 トレ山@甲斐駒・仙丈
8/4~8/5 トレ山@白根三山
8/4~8/5 沢登り@ナルミズ
8/20~8/27 夏合宿@北アルプス(燕→立山)
8/27~8/31 夏合宿 大峯奥駆道
8/29~9/1 夏合宿@南アルプス南部
9/11~9/14 中央アルプス全山
9/19~9/21 東女合同ワン@八ヶ岳
10/19~10/21 1年ワン@尾瀬
2019 3/20~3/22 フリーワン@屋久島

2017年度山行一覧
5/20~21新歓山行@雲取山
5/27丹沢歩荷
5/27~28トレ山行@金峰瑞牆
6/10~11トレ山行@笠取飛龍
6/10~11東女合同ワン@金峰瑞牆
6/10~11トレ山行@男体女峰
6/17~18トレ山行@瑞牆金峰甲武信
6/17沢登り@モロクボ沢(西丹沢)
6/17トレ山行@那須岳
7/8〜9 八ヶ岳
7/8~9 トレ山行@谷川岳
7/15 葛葉川本谷
7/15~16 トレ山行@八ヶ岳
7/22~23 トレ山行@甲斐駒仙丈
7/22~23 トレ山行@北岳
8/12~8/13 劔岳
8/15~8/24 夏合宿 北アルプス全山
8/24~29 夏合宿(北ア)
9/18~20 東女合同山行
9/23,24 1年ワン(金峰瑞牆)
9/30,10/1 三つ峠(登攀)
12/2 ユーシン
2/24 元名石切道
3/21~22 屋久島
3/22~23 九州



2016年度山行一覧
4/9 リハビリ山行@丹沢
4/16 廃ワン@小河内線
4/23〜24 新歓山行@雲取山(三峰P)
4/23〜24 新歓山行@雲取山(鴨沢P)
4/30 源次郎沢
5/21 鳳凰三山
6/05 新入生歓迎丹沢歩荷訓練 (松本)
6/10〜11 甲武信岳
6/10〜12八ヶ岳全山縦走
6/11〜12 甲斐駒・仙丈 (益田)
6/18 東工大・東京女子大学合同山行@川苔山 (發知)
6/18 丹沢歩荷訓練 (中沢)
6/18〜19三つ峠・登攀訓練
6/25 丹沢縦走 (小林)
6/25〜26 奥日光
7/3 チャリワン神奈川~茨城
7/3 葛葉川本谷
7/09~10 三つ峠・登攀訓練
7/09~10 笠取甲武信
7/16~17 谷川岳馬蹄縦走
7/16~17 金峰・瑞牆山
7/23 チャリワン都内大学巡り
7/23~24 北岳
7/30~31 釜ノ沢
8/07 広沢寺・登攀訓練
8/11~12 万太郎谷本沢
8/14~8/20 夏合宿 北アルプス縦断 [前編]
8/15~16 中央アルプス
8/24~26 剱岳登攀合宿①(Cフェース剱稜会、Dフェース富山大他)
8/23~8/29 夏合宿 北アルプス縦断 [後編]
8/31 日帰り富士登山
9/8~9/12 夏合宿 大峯奥駆道
9/1~4 剱岳登攀合宿②(本峰南壁、北方稜線)
9/6~9/18 夏合宿 南アルプス縦走
10/15~16 一年ワン@金峯・瑞牆
10/22~23 1年ワン@尾瀬
10/22~23 お料理ワン
スポンサーサイト



タグ :

トレ山@尾瀬

 2020-07-26
メンバー:山口(B2,CL)、石川(B3,SL)、平田(B4)、堀家(B2)、土井、吉田、鈴木、狭間(B1)

7/5【大岡山(19:21)or(20:21)→目黒(20:26)→恵比寿(20:34)→新前橋(23:02)→沼田(23:52)】
7/6【沼田(6:15)-鎌田(7:30)-鳩待峠連絡所(7:35)-鳩待峠(8:25)-至仏山(11:00)-鳩待峠(12:50)-山の鼻(13:35)-牛首分岐(14:10)-竜宮十字路(14:40)-見晴(15:00)】
7/7【見晴5:30-旧温泉小屋道分岐9:15-柴安嵓(しばやすぐら)9:35-爼嵓(まないたぐら)10:15-熊沢田代11:25-広沢田代12:00-御池12:45】

・0日目
ある日の部会で山口さんが、トレ山は去年の1年ワンで行きそびれた尾瀬に行くと言ったとき、観光地に行けるという喜びの反面、莫大な交通費がかかる高級山行に鳥肌が立った。行きの汽車賃2797円、バス賃3030円、帰りのバス賃2450円、汽車賃3000円、合計11,000円もかかる。
いつも通り準備をして電車で沼田まで向かうが、高崎線の中で事件が発生する、狭間が登山靴を忘れてきたのだ。履いていたサンダルで登るわけにもいかないので彼だけ引き返して後で合流することにした。沼田駅に着きステ寝場所を定めると、ラーメンを食べに行くことになった。近くの夜中まで営業しているラーメン屋で1時ころラーメンを食べる。

・1日目
バスで沼田駅を出発し、途中で乗り換え鳩待峠に到着。車中ではみんな寝ていた。その後至仏山に登る。至仏から尾瀬ヶ原まで下れればと思うがそのコースは登り専用なので一旦戻らなければならない。同じ場所に戻るのだから空身でも良いような気がしたが尾瀬とはいえトレ山なのでテントやらガスやらフル装備で登った。
IMG_5594.jpg
その後鳩待峠で狭間と合流し、尾瀬ヶ原を目指した。一行は当初木道や湿地にテンション爆上げだったが、変わらぬ景色に段々と口数は減っていった。尾瀬ヶ原は環境保全のために木道が敷設されている。しかも2本。この木道は敷設と維持に1mあたり約12万円かかるらしい。東京にある某電力会社が年間数億円を投入して環境保全を行っているが、東電はかつて尾瀬ヶ原ダム計画を画策しており、その木道を踏んで歩くのはなんとも言えない気持ちだった。
暫く歩くと栃木から福島に入り、更に歩くと見晴に着いた。キャンプ場は混んでいたが空いているところに2張りテントを張ってそれぞれ夕食を食べた。メニューはビーフシチュー。飯をつくっている隣のベンチは若い女二人組がいて、これが絶滅危惧種の山ガールかと眺めていたら段々に男も合流した。こちらは男3人でビーフシチューを食べた。

・2日目
ぬかるんだ道を燧ケ岳に向かって登っていった。朝一で標高差900mをずっと登りで、天気も曇りなので気分が上がらない。4時間ほど歩いて爼嵓に到着すると、他の登山者もいるなかでケジュンンさんが「うんち~」と叫んでズボンを下ろしている。国定公園で他の人もいるのに遮蔽物の少ない山頂でこの人は何をやっているのだと驚いた。他人のふりをしながら少し休んで下山した。途中には雪渓があり、滑ったり転んだりしながら下ってとても楽しかった。また、御池の手前には湿地がいくつかあり、ガスっていたのとあいまって幻想的だった。尾瀬2019
12時過ぎに御池に着き、30分ほど待ってバスで会津高原尾瀬口駅に向かい、近くの温泉に浸かって帰った。

天気が曇りだったりガスっていたり、風が強かったりであまりよくなかったが雨は降らなかったので尾瀬観光を楽しめた。ただ、観光地だらと高を括っていると忘れものをすることもあると感じた。
タグ :

ひとり里ワン@霧島

 2020-03-23
メンバー、筆:堀家(B2)

~行程~
3/16 6:00 鹿児島中央駅 ~ 7:00ごろ 鹿児島空港 ~ 11:00 大浪池登山口(鹿児島県側韓国岳登山口) ~ 11:25 大浪池 ~ 13:00 えびのエコミュージアムセンター ~ 13:30 宮崎県側韓国岳登山口 ~ 15:00 韓国岳頂上 ~ 15:50 韓国岳避難小屋

3/17 08:00 韓国岳避難小屋 ~ 09:00 大浪池 ~ 09:30 大浪池登山口 ~ 11:00 丸尾温泉

コースはこんな感じである。
硫黄岳には行けないが、韓国岳へ行く宮崎県側のコースは存在した。
大浪池避難小屋は撤去されており、現在ごくわずかの跡を残すだけとなっていた。
course.png

私はいままで鹿児島に2回来たことがある。それぞれの目的は開聞岳登山、宮之浦岳登山とどちらも登山に来ており、今回もその例にもれず登山が目的の旅行となった。(ワンダーフォーゲル部のブログに書く時点でアウトドア活動系なのはわかりきっているが…)


†3/16†

高速バスであまり眠れず、睡眠不足状態での登山になってしまった。睡眠不足の登山は甲斐駒ヶ岳黒戸尾根以来でいい思い出がない。
しかも、そこまでコースとしては長くないし、雪は積もってないはずなのにいろいろ持ってきたせいで(大部分が水)ザックが15キロと、いつものトレーニング山行とそう変わらない重さになってしまった。

開始が11時ととても遅いのは、ここ霧島は自家用車のアクセスがいい反面(いいからこそ)、バスのアクセスが悪く、数本乗り継がないといけないためこうなってしまった。(これが後に試練となる)

登山口から最初の大きな池(大浪池)までおよそ240mのアップ。ここのコースタイムは35分だが、どれだけ早く登れるか挑戦してみた結果、21分30秒で登れたので、660mアップ/時間相当。うれしい。

快晴の大浪池は素晴らしく、私の使っているスマホでは端から端まで映らないほど大きく迫力があった。
20200316_112236.jpg

これを見たとき、中禅寺湖に浮かぶ男体山によく似ていると思った。(似てないかもしれない。)

大浪池西回りして、宮崎県側の登山口に一度降りたのは、エコミュージアムセンターに用があったからで、用を済ませてしばらく休憩し韓国岳登山口に向かった。

20200316_130458(1).jpg

韓国岳の頂上からは桜島はもちろん、晴れていたので開聞岳もうっすら見えた。
grep.jpg
20200316_150722.jpg
新燃岳
20200316_150038.jpg
頂上
20200316_144845.jpg
火口。とても大きい。


寝不足のせいか、なかなか高度が稼げない(バテてゆっくりになってしまった)そのため予想よりも時間がおしてしまった。
これによって帰りのバスに乗れなくなったので仕方なく避難小屋に泊まることにした。
念のため、持ってきていたキャンプ用の寝袋で寝ることにした。

これが試練で、この寝袋が適温15度でいくら鹿児島とはいえ標高といい季節といい15度を大きく下回っており、寒くてつらい。
18時に震えながら眠った。

†3/17†

7時に起きた。 とても寒いのに13時間も寝てた。
登山口から出るバスは要するに下山者用なので始発が遅いため、歩いて帰ることにした。


まとめ

若干霜は降りてた。
寒いと思って対策して耐える寒さよりも、思いがけない寒さのほうが100倍しんどいことが分かった。
タグ :

5/12 丹沢歩荷

 2019-12-05
メンバー:鈴木、土井、狭間、吉田(B1)、山口(B2)、石川、島村(B3)、塚田、平田(B4)、梅田(M1)
筆:鈴木

 ワンゲル恒例の丹沢歩荷。1年25kg、2,3年30kg以上の水を背負って塔ノ岳に登り頂上で水を捨ててくる。今年は11日の夜、秦野ビジターセンターで寝る。ヒルが出なくて良かった。

 翌12日は天気も良く絶好の歩荷日和。2週間前の新歓山行では雪降ってたのにこんな日に限って晴れているのかと恨めしく思う。それぞれ水を汲んで出発。石川さんのポリタンクから早速水が漏れ始める。荷物が25kgを超えると肩に食い込み(個人差あり)苦痛快感を伴う(諸説あり)。とはいえ歩き始めはみんな元気。

歩荷2019-1

 歩き始めて間もなく最初の小屋である見晴茶屋に到着。小屋のおじさんと雑談しながら外で小休止。ここで土井が恒例のうんこタイム。彼は長時間トイレに籠ることで休憩時間を延長させている。足がつるのを防止するためには水分とミネラルが必要だと言われてたので塩分チャージを食べ、水をがぶ飲みする。水を飲めば荷物減るやんと思いつき頑張っていっぱい飲む。

歩荷2019-2

 見晴茶屋を出てしばらく歩いているとOBの先輩方が後ろから追いついてきて激励の言葉を頂く。大所帯でワイワイ登っていくがスローペースなので老若男女に追い越される。知らないおばさんに”ありがとうね”と言われた。違うんです。私たちは小屋に物資を運んでいるのではなく頼まれてもないのに勝手に大量の水を下から運んでいるドMの集団なんです。とは言わなかった。そんなこんなで次の駒止茶屋に到着。土井が階段でコケて膝をしたたか打った。どんまい。

 次の堀山の家、その次の花立山荘へ行く道はだんだんに斜度がきつくなってくるのでみんな息が上がり始める。初めは大所帯だったが先発隊と後発隊に二分されてそれぞれのペースで花立山荘を目指す。立花山荘では全員グロッキーかと思いきや約1名元気な奴がいる...。OBの先輩方がかき氷食べてた。羨ましい。

IMG_7356.jpg

 立花山荘からラスト1本1。引き続き隊を二分して頂上を目指す。少し進むと1年最強の狭間が本領を発揮する。”俺先行っていいですか?”と言い残すと彼はすいすいと前に進んで見えないところまで行ってしまった。思えば彼は休憩中もカメラにピースするほどの余裕を見せていた。誰も彼には敵わない。

 頂上でしばし休憩の後小屋に水を捨てに行く。全部で150L近くの水は小屋のタンクをいっぱいにし、タンクに入らない分はやかんに入れた。

DSC_0171.jpg

 忌々しい大量の水を捨ててすっかり軽くなったザックを背負って塔ノ岳を後にした。適宜休憩を入れつつ無事に下山。今回の歩荷トレーニングでは心身ともに鍛えられ、夏合宿に向けて成長できただろう。しかし、忘れてはいけない。我々が1往復する間に本業の歩荷のおじさんが2往復していたことを。夏合宿に向けてはより一層強くならねばならないと感じた。

IMG_7365.jpg




タグ :

2019 3月屋久島フリーワン

 2019-07-14
筆:石川
メンバー:石川(B2、CL)、堀家(B1、SL)←以降はケジュン

<<説明とか>>
毎年恒例?の屋久島縦走。去年は雪渓があって撤退したらしい。雪渓あることは普通に情報として入ってくるのでその対策しないのはどうなのかと思っていたが、その対策である軽アイゼンをケジュンが忘れたらしい。(雪渓は無かった)
とりあえず入山前に天気があれることが分かっていたので、楽しみは山よりその後の屋久島旅行のが楽しみだったり。
まあ全体的にゆるーいフリーワンというか旅行ついでの山行といった感じ。

<<工程>>
<3/20>
8:40白谷雲水峡→14:00屋久杉→15:30新高塚小屋
<3/21>
停滞
<3/22>
出発時間不明→4:40宮之浦岳→6:45花之江河→9:00淀川登山口

◆-1、0日目(3/18、3/19)
アプローチ。
とりあえず鹿児島まで行かないといけないが、18切符で行きたいということで実家が愛知県の筆者は 3/18:愛知県→博多
3/19:博多→鹿児島と2日間電車に乗り続ける羽目に。合計23時間位電車に乗っていた。苦痛だった。←東京から愛知県も鈍行
ちなみに博多ではステ寝する勇気も場所を探す時間もなかったので素直に満喫で寝た。

↓肥薩おれんじ鉄道では電車にくまモンがいた。
2019yakusima


鹿児島に着いたらハイビスカス(鹿児島→屋久島の夜行船)で屋久島へ。
船で雑魚寝するのだが毛布が足りないのでは?少し寒かった。

◆1日目(3/20)
屋久島到着。
港にバス停があるのだが外国人さんにバスの行き方をいろいろ聞かれた。だがそもそも屋久島のバス事情が難しくて調べても全然わからん。なんか地元のおじさんが教えてあげていて何とかなったっぽい。おじさんに何故かみかんを貰った。

バスで白谷雲水峡に到着。入山口で協力金を2人で2000円払った。強制だと思っていた…
初日は最高の天気で途中にでかい木があったり、苔がたくさんあるのでやっぱり本州の山とは違うところがあって面白い!

2019yakusima2

2019yakusima3

2019yakusima4

2019yakusima5


途中しばらくトロッコ道が続くが特に感想もなし。

なんだかんだで屋久杉到着。素晴らしい迫力!でかい!でも写真では全然伝わらない。
ただあまり近寄れないのと人工物であまり雰囲気を感じなかったのが残念。
↓屋久杉
2019yakusima7

新高塚小屋に到着。既に2つの大学(どこかは忘れた)とその他でかなり場所が埋まっていた。
夕飯はしゃぶしゃぶ。しかしタレを忘れるという大失態。またコッヘルでしゃぶしゃぶするのであまり美味しそうに見えない。

ヤマテンによると明日は朝から天気が悪く、雷もなりそうということで予備日もあるので1日停滞することに。
行きたい気持ちもあったが連絡人に止められた。

2019yakusima8

◆2日目(3/21)
停滞。凄い雨風
なお小屋に残ったのは自分たちだけの模様。白谷雲水峡の方に下山する人ならともかく、宮之浦岳をとっていくルートではそれなりに森林限界の稜線上を歩くので大丈夫なのだろうか?
あまりにも暇。持ってきた本も電車で読んでしまい、電波も届かないのでぼーっとしてた。
早々に就寝。

◆3日目(3/22)
前日が停滞だったので早くに出発。多分2時ぐらいには出発していたと思う。
3日目も天気が悪い予報だったので特に景色も求めていなかったけど、真っ暗で寒いなか5時前に宮之浦岳に到着するのはケジュンにとって虚無でしかなかっただろうか。ちなみに筆者は視界がクソ悪いなか先頭をやるのが思いのほか楽しかった。
前日の雨のせいか道が川になっているところが多かった。

2019yakusima9

2019yakusima10

2019yakusima11

下山

◆延長戦
屋久島旅行の様子

2019yakusima12

2019yakusima13

2019yakusima14

2019yakusima15


ちなみに帰りも電車…

<<まとめ>>
宮之浦岳にリベンジしたい。
たくさん美味しいトビウオ食べられて満足。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫